FC2ブログ

吹きすぎる風ばかり2

ソウルや釜山の隠れた見所そしておいしい食堂などほんのちょっぴりディープな情報満載の韓国旅行記です。

Top Page › 2011/12韓国旅行記製パン王キムタックに会いに編 › 清洲スアムゴル壁アートがココにも
2012-04-04 (Wed)  07:00

清洲スアムゴル壁アートがココにも

製パン王キムタックのパン屋を堪能↓ユナー一行
でもここスアムゴルはコレだけではありません
昔の町並みが残るこの場所ではいろんあドラマの撮影も
しているようです。

CIMG3678_RCIMG3673_R

コレは ソ・ジソプ主演のカインとアベルという
ドラマの撮影地でもあるのでした。
(僕は見ていないのですが)

さてスアムゴルとはなんだ?ということですが
1950年朝鮮戦争を逃れた人々が
岡の上に集落を作った場所
いわゆるタントンネ(月のまち)と呼ばれているようなところなんです。
今も多くの方が住んでおられるようですが
そのほとんどがお年寄り
子供や若い人はまったくいないんだとか
そんな待ちスアムゴルです。

そんなスアムゴルですが2007年に街景観プロジェクトによって
壁絵を描く活動がはじまったそうで
ソレも話題になっているみたいです。
いくつかご紹介しましょう。

CIMG3677_R CIMG3680_R

CIMG3684_R 
CIMG3691_R

コレは壁に絵が書いてありますが手前の電信柱にも
絵が描かれているのわかりますでしょうか?

CIMG3684_R

CIMG3698_R

いろんな絵がありました
結構いえなんかは荒れていたりしてるところもありますが
しかしここは今でもちゃんと人々が生活していて
そんなことを思い起こさせる写真もあります。

CIMG3689_R

CIMG3693_R

CIMG3696_R

少し高台に行ってみるとそこは展望台になっているところも
ありました。

CIMG3700_R

ここは清洲市を一望できる見事な風景を見ることが出来ます。

CIMG3702_R


いい景色に見とれてしばらくいましたが
実は この日は雪の翌日それも晴れていて放射冷却が強く
めっちゃ気温が低く めっちゃさむかったんです

早々に引き上げ もと来たパン屋のまえまでたどり着きました
しかしそこで又あるもの発見
電信柱にこんなものが

CIMG3711_R 

製パン王キムタックの記念館があるそうです。
コレは行くしかないね!
ということでこの場所へ移動
もちろん徒歩(笑)

次回はココをご紹介したいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングのご協力(クリック)宜しくお願いたします。
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


韓国旅行 ブログランキングへ


最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可