FC2ブログ

吹きすぎる風ばかり2

ソウルや釜山の隠れた見所そしておいしい食堂などほんのちょっぴりディープな情報満載の韓国旅行記です。

Top Page › 2007/8 韓国旅行 自力でGO編 › 第三章 鳥致院(雪の女王ロケ地)編 (1)
2007-09-08 (Sat)  10:43

第三章 鳥致院(雪の女王ロケ地)編 (1)

8/12(日) 2日目

今日は、ママちゃんたっての希望地 ソウル郊外 鳥致院

(チョチウォン)という街に、無謀にも 国鉄に乗って

韓ドラ「雪の女王」のロケ地を見に行くという

大胆な計画と 昼からは、南揚州総合撮影所という

これまたソウルから西へ40kmくらい行った

映画のセットが見学できる施設へ

国鉄・一般バス・タクシーを乗り継いでの

大強行スケジュール どうなることやら・・・・

 

AM6:00起床 TVのスイッチを入れると

ブラウン管から 生ハングル

韓国にいるんだな~と実感しつつ朝食へ

(このホテル朝食無料で食べれるという特典付

P1000512_R.jpg

ホテルから朝の明洞を通り地下鉄でソウル駅へ

さすがのソウル駅も、日曜日のAM7:00では

誰もいないけどね~

P1000410_R.jpg

まずチケット買わなくちゃ~ということで

チケット売り場へ・・・・

日本で調べておいた時刻表AM8:30発の

特急セマウル号のチケットを購入ってところで・・・

DSCF0009_R.jpg←結構お勉強しました

でもたぶんチケット売り場で言葉通じないんだろうな~

でも大丈夫 ちゃちゃらちゃちゃちゃ~ 

チケット購入表 (ドラえもんのように)

DSCF0011_R.jpg

ネットで見つけていっぱいプリントして持ってきました。

これをチケット売り場のお姉さんに渡したところ

1発OK なにかわからないけどいろいろ説明してくれていましたが

 さっぱり意味がわからず・・でもなんとなく何号車の何番と

いう座席に乗りなさいよ ってなこと言われてるニュアンス

は伝わってきたので・・・お姉さん チョンマル コマッスムニダー

DSCF0001_R.jpg

時計をみたらまだあと45分くらいは時間があったので

ソウル駅の3階にあるフードコートでちょいと休憩

のはずが・・・

今日2回目の朝食になってしまいました

P1000407_R.jpg

キンパと野菜キンパを注文 おいしかった~

バクバク食べてるうちに時間がきて

AM8:30発 京釜線 馬山行き 特急セマウル号

に乗り込み出発~

P1000412_R.jpgセマウル_R.jpg

鳥致院までは、約1時間50分ほどです。

 座席はこれまたゆったりとしていてリムジンバスなみでした。

行った事のない異国の街へ行く不安より先に

好奇心旺盛な我が家族は、席につくのもそこそこに

今、日本では、めったにお目にかかれない食堂車があるというので

発車して5分も立たないうちに食堂車へ大移動

 

最初はコーヒーだけだったのですが

せっかく食堂車にきたのだからと・・・・・

P1000420_R.jpgまったく読めないけど・・・P1000424_R.jpg

本日3回目の朝食であります

備え付けの電子レンジで”チン”してくれて

温かく 1人前しか頼んでないのに2人分の

お味噌汁をつけてくれて カムサハムニダ~

そういえばこの席見覚えあるなーっておもったら

韓ドラ 「私の名前はキムサムスン」でチェジュ島へ

サムスンとサムシクが行くときに

撮影されてた食堂車だということをおもいだしました。

SAMUSUNNP1000422_R.jpg

結局この後鳥致院までの1時間 ずーっと食堂車にいました 

ちなみにこの間、食堂車に入って来た人は

ユナー家3人と30代くらいの女の人1人きりでした

途中 食堂車のおばちゃん 弁当を売りに行ってしまった為

食堂車には、だれもおらず・・・・大丈夫かいな~っと思いつつ

さすが韓国 考えかたが

おおらかというか、大陸的だな~っと感心しました

 

列車内にはモニターがあり次の到着駅が近づくと

モニターとアナウンス(日本語と英語と韓国語)

で知らせてくれます。

窓の外は、田んぼや畑の のどかな田園風景の中

少しずつ民家が増えてきた頃 鳥致院到着のアナウンス

ホームに下りるとソウルとは違う郊外独特の のんびりした

雰囲気が漂っていい感じ

 

 

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可