FC2ブログ

吹きすぎる風ばかり2

ソウルや釜山の隠れた見所そしておいしい食堂などほんのちょっぴりディープな情報満載の韓国旅行記です。

Top Page › 2014/3/14 韓国旅行 大移動全州から江原道国境地域編 › 初めて潜入!第2トンネル☆!
2014-04-16 (Wed)  07:00

初めて潜入!第2トンネル☆!

始まりました安保観光
簡単にいうと普通入れない
DMZ(非武装地域)の中を
いろいろ廻ってくれるツアー

ガイドは韓国語ですが僕たちには
あむさん がいますので
ガイドさんのいうこと
日本語で訳していただき
非常に助かりました。

最初に向かうのは
第二トンネル

そこへ向かう途中もうこの時期には
見られないと思っていた
タンチョウ鶴を見ることができました

写真: DSC_1616_R

写真には写せなかったのですが
このような畑に鶴たちはいました
バスのガイドさんが
あ~いました!見て下さい と毎回大声で叫ぶので(笑)
びっくりしますが確かに鶴が見えました。

そして僕らの乗せたバスは
検問所で止まります。

ここからは民間人統制区域
一般の人は入れません
軍人さんがバスの中まで入って来て人数を数えます。

しかしどう見ても顔が幼い
まだ入りたての雰囲気を漂わせているため
このバスに乗ってるアジュンマに
頑張れよ!!と激励されて
顔を赤くして敬礼していた姿が印象的でありました。

そこを過ぎるとやはりなんとなく外の雰囲気が
ピリピリした雰囲気に変わり
こんなのを見るとやはり少しだけ緊張しますね

写真: DSC_1617_R


さてそうこうしてるうちに
最初の見学地 第二トンネルに到着

降りるとこんなものが

写真: DSC_1618_R

この門の一番上見て下さい
英語でCheorwon(鉄原)と書いてありますが
このロゴどっかで見たことない?

さ~わかりますでしょうか?

kyonnchonn.png 

なんか似てません??

この後このチョロンのロゴが出てくると
キョンチョンチキンを想像してしまう
私でありました。

さて第二トンネルについた私たち
日本チームだけ置いてけぼりです(笑)

写真: DSC_1619_R

ここには全員ヘルメットを着用します。



ここから先は撮影禁止ということで写真はありませんが
約800mトンネルの中を歩きます。

しかし韓国チームはドンドン先にいってしまいます。
でも日本チームはあむさんのガイドを聞きながら
なので だんだん遅れていきます
韓国のガイドさんに
オメー達 早く来いよ という顔をされてしまいましたが
そんなことはお構いなしの日本チーム
図太さにかけては 折り紙付き( *´艸`)
まったく意に介さずゆっくり進みます。

この第2トンネルどんないきさつがあったのか
他サイトから抜粋しました。

1975年3月19日に発見された第2トンネルは
前の第一トンネルより規模が大きいものです。
鉄原の北方13㎞地点の非武装地帯内から
発見されたこのトンネルは
大規模の兵力が集まれるほどの広場まであり、
出口は3本に分けられていました。
1時間内に3万人の武装兵力の浸透ができ、
車両はもちろんタンクまで通過できます。予想通り、北朝鮮側
は第2トンネルについても知らないと嘘をつきましたが、
当時北朝鮮から超えてきた
北朝鮮労働党所属のキム・プソン氏により
明らかになりました。
やはり第2トンネルの捜索時にも
北朝鮮側の妨害により7人の韓国軍人が犠牲されました


こんなトンネルのいきさつなんですが
どうやって発見されたといいますと
どうもダイナマイトを使って掘ってきたようですが
ある時地下から爆発音が聞こえて来たのを不審に思った
韓国側が地下水の掘削に使う
地中に打ち込んだところ
何本かがトンネルを貫通して
この下にトンネルが掘られている
とわかったとのことです。

しかし重機も使わず人の手でこれだけの
トンネルを掘ってくるのは至難の業だったでしょう
たぶん現場は昼夜問わず掘削作業が行われたと
推測しますが
現場は想像を絶することだっと思われます。

しかしこのトンネルが誰にも気づかれず
完成していた場合は
状況はどんなふうになってたんでしょうね
想像すると怖いですね。

さてこのトンネル時々頭をぶつけながらの見学でしたが
とても興味深い場所でもありました。

DAINI.png 

しかしこんな記念撮影してる場合ではなく
韓国の皆さんとガイドさんはバスの方に行ってしまい
僕たちをバスの中で待ってる感じ(汗)

早く行かなきゃということで
小走りでバスに向かう我々でした。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。
ポチッとクリックの応援宜しく
お願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村



ここで告知

鉄原でガイドをしてくださる あむさん
この後も普通ではいけないところなども
連れて行っていただけました。
個人ツアーという形なので
多少のリクエストなども聞いていただけるので
是非興味のある方は
あむさんのブログ

韓国に行った日本人-Welcom to Korea
↑↑↑
見ていただき直接メールで問い合わせてみてください。


最終更新日 : -0001-11-30

第二トンネル~ * by ヨンミョン
こんにちは~

第二トンネルは、その存在は知っていましたが、規模は大きなものなのですね。北はいくつもトンネルを掘りましたが、韓国は掘っていませんよね。北の方がやる気満々ということなのでしょうか(笑)

Re: 第二トンネル~ * by ユナー
ヨンミョンさん こんにちは
本当に規模がすごいんです
それを手掘りしたと怖いですね!
当時北は真剣に考えていたようですね。

* by miki
ここからがDMZ情報なんですね〜!
国境地帯のこと、詳しくないので…
私もいつか、アムさんにガイドしてもらって行ってみたいです。

Re: タイトルなし * by ユナー
mikiさん おはようございます。
そうなんですこれがDMZなんですが
案外緊張してるかと思いきや
のんびり感が漂うところでした
是非一度鉄原行ってみてくださいませ。

Comment







管理者にだけ表示を許可

第二トンネル~

こんにちは~

第二トンネルは、その存在は知っていましたが、規模は大きなものなのですね。北はいくつもトンネルを掘りましたが、韓国は掘っていませんよね。北の方がやる気満々ということなのでしょうか(笑)
2014-04-16-12:37 * ヨンミョン [ 編集 ]

Re: 第二トンネル~

ヨンミョンさん こんにちは
本当に規模がすごいんです
それを手掘りしたと怖いですね!
当時北は真剣に考えていたようですね。
2014-04-16-16:18 * ユナー [ 編集 ]

ここからがDMZ情報なんですね〜!
国境地帯のこと、詳しくないので…
私もいつか、アムさんにガイドしてもらって行ってみたいです。
2014-04-18-01:02 * miki [ 編集 ]

Re: タイトルなし

mikiさん おはようございます。
そうなんですこれがDMZなんですが
案外緊張してるかと思いきや
のんびり感が漂うところでした
是非一度鉄原行ってみてくださいませ。
2014-04-18-08:14 * ユナー [ 編集 ]