上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて鳳凰洞遺跡を後に
次なる場所へ向かう私

歩いてると
何だか昔ながらの横丁の風景
目に止まります。

写真: resize18374

なんとなく応答せよ1988の世界
みたいに感じるのは私だけ??(笑)

写真: resize18375

さてこんな路地を抜けると
ありましたよありました!!
遠くですが見えてきましたね!

写真: resize18377

ここが首露王陵の入口になるのです。
なにせこのあたりこういう
施設が密集してる地域なので
廻る旅行者としては
一気に見れるので嬉しい感じ!

写真: resize18376

入る前に
入口付近にある
観光案内所に立ち寄って
パンフレットをもおうと思ったら
こんな本をもらっちゃいました!!

写真: resize18390

いや~太っ腹だこと(笑)

これは後々見るとして
いよいよ
首露王陵に入って行きます。

写真: resize18378

忘れていましたが
もちろん無料の施設!!

入り口はいるとすぐ
この首露王陵について書いてありました
が。。。
読めぬ!!読めぬ!!∑(゚д゚)


写真: resize18379

入る前にちょっとおさらい

この首露(スロ)王とは一体どんな人物だったか
ちょっと他サイトから抜粋


露王の誕生は、「亀旨峰(クジボン)」という山に6つの金の卵が空から降りてきて、卵から生まれた王たちはそれぞれ6伽耶の王になり、その一番最初に生まれたのが、この首露王だと韓国の歴史書「三国遺事」に記載されています。また、首露王は金の卵から生まれたことから姓を「金」と名乗り、韓国に大勢いる金海金氏の祖先として、今でも子孫たちが3月と9月に祭祀を行っています。誕生は、神秘的な神話として伝えられていて、信憑性に疑問視する学者も多いですが、古事記の中に首露王が生まれたとされる亀旨峰の山の名前に似た名が記載されていたことから、注目されるようになったようです。韓国内でよく知られている首露王の話として、首露王の王妃がインドの阿踰陀国からやって来た女性だったと言われています。特に、首露王陵内の正門の神魚像は、インドとの文化交流や王妃を立証する古美術として研究対象になっています。また、鉄の国として外国と貿易が盛んだった伽耶ならでは面白い神話がもう一つ、首露王の王女の一人が当時邪馬台国だった日本に渡り、卑弥呼になったという伝説も残されています

こうやってみると
あながち
日本とも関係がないわけでもないんですね

写真: resize18380

なにせこの伽耶国があった時代って
三国時代
よくドラマでもみる
新羅 百済 高句麗の時代
3世紀ごろのお話なんで
相当昔に栄えていた国だと言うことがわかります

写真: resize18381

さてそういうことを思いながら
中に入っていきます。

写真: resize18383

だんだん王陵が見えてきましたね

写真: resize18384

典型的な陵の形!

写真: resize18385

ちょっと読み取れないんですが
首露王陵と書かれているのが読み取れます。

写真: resize18386

私結構こう見えて
歴史好きだったりして~
こういった昔の陵墓をみるもの好きで
ソウルの西五陵をはじめ
慶州の宣徳女王陵
いろんな陵墓を
(ドラマの有名人だけですが(笑))
訪ね歩いてるんですよん。


写真: resize18387

しかし毎回思うのは
テレビドラマで演じてきた役者さんの顔(笑)

写真: resize18389

ここでは鉄の王キム・スロを演じた
チソンの顔(笑)

resize18510.jpg 

この顔をイメージしながらこの陵墓
見てますが
チソンにしたら
いい迷惑でしょうね(爆)
亡くなったわけでもないのに
勝手にこの陵墓でイメージされて(^^)

実は隣に
首露王とお妃の肖像があったんです!!

写真: resize18391

う~ん イメージと全く違うお顔(笑)

当たり前ですけどね(^^)

写真: resize18392

ここではるか昔
伽耶と言う小さな国があって
この首露王の元
繁栄したんだなと思いながら
見学させていただきました。


resize18528.jpg 

歴史ドラマお好きな方は
釜山からすぐにイケちゃいますんで
一度行ってみるのも
いいかもしれませんよ!!

首露王陵
行き方は
金海軽電車 首露王陵駅から
徒歩7分




皆様の応援クリック
お待ちしております
↓↓↓


にほんブログ村


こちらでは
インスタでは最新の観光旅行等の
写真をアップ中
フォロー宜しく
↓↓↓


Instagram



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここ良いですね~~
しかもそんな昔の都なんですね
俄然興味がわいてきました
そのうち行ってやる ^^

  駐在おやじ

Re: No title

駐在おやじさん

歴史好きにはなかなか興味を呼ぶこの金海市
伽耶の里にぜひいつかいってみてください!!

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。