さてさていよいよ
甘川洞文化村を散策していきます。

いくつもコースがあるようですが
いちいち地図を見るのも
面倒なので(笑)
ま~なんとかなるだろうという感じで
甘川洞を歩きだします。

ところどころこういう場所があって
なかなか面白い!
こういう場所には
必ず愛の南京錠があるの法則が
ここでも行きているようです。

写真: resize14668

甘川村の中に入いると
当然景色はこのような感じの
景色となります。

こうやって見ると
逆にこの地域だけが
原色の色でペイントされた家々は
余計目立ちますよね


写真: resize14669

そしてここはこの甘川村でも
有名な場所

写真: resize14671

この写真を撮りたいがために
なんと30人くらいが行列を作っています(笑)

ちなみにこのガードレール??っていうんでしょうか?
外側にも何か道があって
行けそうな感じも受けますが
実はここ
ここを乗り越えたら真っ逆さま!!( ̄ー ̄) 
何もないんです!

高所恐怖症の方はやめておいた方が
いいかと思われます( *´艸`)

さてゆっくりブラブラ歩いていくと
昔の井戸でしょうか?
その跡がありました。

写真: resize14672

井戸には大徳水と書かれています。
昔は共同でこの井戸を使っていたのでしょうね
当時の写真や絵が周りに
描かれていますが
山にへばりついて建ってる家がほとんど

大きな甕をもって
当時は上り下りをしていたと思うと
大変だったんだろうなと言う感じが
うかがい知ることができます。


写真: resize14673

散策コース
こうやって住宅の中にまで入りこんでいます。

写真: resize14682

そしてこの階段!!
めっちゃ急な勾配

写真: resize14686

ここは148階段といわれる場所
こういう階段を上って
先ほどの井戸に行き
水を汲んでまた下に降りる
どれほどの重労働かがわかりますよね!

写真: resize14683

そうそうこの階段別名を
星を見に行く階段ともいわれるんだとか
そしてここは
あのキムタクの映画
HEROのロケ地でもあるんですよ。


resize14688.jpg 

こういう階段を通って行くと
ハルモニが通路の椅子に座って
うたた寝してたり
洗濯ものを干してる方がいらっしゃったり
ここで暮らしていらっしゃる人の
暮らしの一端が垣間見れたりして
結構おもしろかったです。

村の中は途中行き止まり
そして工事中なんて所もあり
なかなか迷路のように入り組んだ路地も
なかなかがあり
これこそ探索という言葉が
ピッタリくる感じでありました。

ゆっくり廻れば
1時間弱くらいの
この甘川洞文化村

近代的な釜山市内の感じとは
ちょっと違った異次元的な風景は
なかなかのものでありました。

是非まだいかれてない方は
バスに揺られて
行ってみてはいかがでしょうか?

でも結構上り下りがあるので
足に来るのをご覚悟の上(笑)

本日もポチッと応援クリック
宜しお願い致します。
↓↓↓


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。ソウルのタルトンネと同様、こういった不便な土地には所得の少ない層が住んだのでしょうね。

HEROのロケ地が釜山だったとはノーマークでした。てっきりソウルなのかと思い込んでいました。

こんにちは^^

キムタクの釜山ロケは知っていましたが、甘川村とは知りませんでした~~

坂や階段がけっこーキツイですよね(;´Д`A

水汲みに行くのも一苦労~
昔の人は大変だったんですね

aki

Re: タイトルなし

ヨンミョンさん


こういうところに住まわれる方はやはり低所得層やお年寄りが多いようですね
近年観光客が来て大勢着てこの村賑わってますが
そういう人たちにお金が回っていけばいいんですけどね~

Re: タイトルなし

akiさん


こんにちは~!!
そうなんですキムタクのあの場面はここだったんですよ~
めっちゃ勾配がキツイ階段ですよね~
今は手すりがついているからいいようなものの
昔はなかったところに重い甕を背負っての上がり下り
想像を絶しますよね~
昔の人はホント大変だったんですよね((+_+))

PAGETOP