タイトル画像

ここはセット場??昔のクジラの町を再現してる長生浦鯨文化村へ☆

2016.11.01(06:00) 2326

朝食もガッツリ食べて
いよいよ最初の目的地に行くため
バスが出てるロッテ前へ移動
今日は良く晴れて気持ちがいいです。

写真: resize13003

バス停に来るとなんだか可愛い模様

写真: resize13004

クジラをイメージしたキャラなのかな?
市内あちこちで見られます
やはり蔚山はクジラの町なんですね!

写真: resize13005

この蔚山 韓国で6つある特別市ということですが
まだ市内の移動はバス
地下鉄などはまだないようでした

でも運転はやはり韓国どこへ行っても一緒
荒い!!(笑)


写真: resize13007

さてバスに揺られること約30分
降りたバス停は

장생포고래박물관 長生浦鯨博物館
チャンセンポコレパンムルグァン)

そう今日の一発目は
蔚山で一番有名なから
攻めてみたいと思いここへ来たんです!!


写真: resize13008

ここが鯨博物館
とい行っても
博物館はここだけでなく
鯨生態体験館(イルカ水族館)などもあって
セット入場券を買えば両方入れるんだとか。

といっても時間は9時前
ここは9時半からの開館なので
ちょと周辺を
ぶらぶらしてみることにしました。


写真: resize13009

小高い丘に登ると
蔚山一の橋
蔚山大橋が見えてきました!
青い空ともあいまって素敵な風景!

写真: resize13021

ここはフォトゾーンになってるのか
こうやって足形が書いてありました。

写真: resize13024

そしてやってきたのは
長生浦 クジラ文化村

写真: resize13020

こちらでチケットを買って入ります
入場料は2000w 安ッ!!

写真: resize13031

いただいたパンフレットには
昔の長生浦捕鯨漁村の風景を再現した「長生浦クジラ文化村(チャンセンポゴレムナマウル)」は、2015年にオープンしました。主要施設には、捕鯨が盛んに行われていた1960~70年代の長生浦の風景を再現した、懐かしい思い出の空間であると同時に教育の場でもある「昔の長生浦村」、実物大のクジラを形象化し、さまざまなクジラについて経験・学習できるユニークな体験空間「クジラ彫刻公園」、クジラに関した共感・共存など、多彩なテーマを扱うストーリーテリング型のフォトゾーン「クジラ物語の道・クジラ出会いの道」、盤亀台岩刻画や捕鯨壁画など、先史時代のクジラの歴史文化が体験できる屋外学習スペース「先史時代のコレマダン(クジラの庭)」、クジラ広場、水生植物園などがあり、それぞれにさまざまなテーマとストーリーが込められています。

写真: resize13034

要するに
昔の蔚山の街が再現されているんです。

住んだことも見たこともないのですが
懐かしいと思ってしまうのはなんででしょうね?(笑)

写真: resize13035

こ地らは床屋さん

写真: resize13037

こちらはゴマ油屋さん

写真: resize13042

これが結構ちゃんと作ってあって
ドラマのセット場としても
使えるくらいの広さと
クオリティの高さ

下手なセット場で高い入場料払ってみるより
ここは十分見ごたえのあるところでありました

写真: resize13052

こちらでは捕獲した鯨を解体してるのを
再現していました。

写真: resize13053

ここ蔚山は昔から捕鯨の町
鯨で潤ってきた町でもありますが
韓国国内では
なぜか
この蔚山が捕鯨の街だとは
知らない方が結構いらっしゃるようなんです。

写真: resize13054

こんな鯨文化村
周りは公園になっていて
まだまだたくさんの見どころがあるようです

その模様は次回ご紹介する予定
お楽しみに!!

本日も皆様の応援クリック
宜しくお願いしたします
↓↓↓


にほんブログ村

吹きすぎる風ばかり2


<<ピノキオがみたクジラのお腹の中はこんな風??クジラ彫刻公園を散策☆ | ホームへ | 骨付き肉がこれでもか!!朝からガっつリいただきます☆ピョダギヘジャングク!!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fukisugirukazebakari.blog.fc2.com/tb.php/2326-d89f99cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)