慶州の旅もそろそろ後半戦
善徳女王
のお墓を見た後は
慶州歴史遺跡地区に行き
またいろいろ見てみようということに

でもこの日 事前の天気予報では晴れ
気温も結構高めの感じだったのが
天気は曇り そして気温は
なんだか風も強く寒くなってきました
10℃下回ってるかな??
薄着の私ちょっとばかり寒さを
感じながらの慶州見学

さて善徳女王のお墓を見てから
また行きに乗ったバスと同じ番号のバスに乗って
市内へ戻ります。

写真: resize9338

いきは空いていたバスも帰りは激込み!!
嫌な雰囲気はあったものの
大丈夫だろうと思っていたんですが。。。

やはり!!
降りる停留所に止まったバス
激込みの中
チャミシマンニョ~っていいながら
降車口へ向かっていたら

ピ~!!

ドアの閉まる音

こう言うときってなかなか降りますという
単語が出てこなくて
ドアをバンバンたたきながら
アジョッシ~!!アジョッシ~!!降りるって!!
って大きな声で
叫んでました(笑)

韓国のバスではよくあることなので
気にもしませんけどね(*^^*)

さて着いたところは
東宮&月池

ここは新羅の別宮にあたるところ
国の慶事があるときはこの東宮をつかったとか

まずはそこから入ることとします。



写真: resize9339

ここは有料 切符を買って入ります。

写真: resize9340

御値段2000w

中に入ると
復元された東宮や遺跡が目に飛び込んできます。

写真: resize9343

この柱を支えた石の数からすると
ここには相当大きい建物があったことが
うかがえます。

写真: resize9345


そしてこれが月池

写真: resize9346

この池の綺麗な写真を来る前に見ていたので
なんとなくこの池は拍子抜け(笑)
逆に夜見た方ががいいのかな??

写真: resize9350

さてこの建物の中には
当時を再現した模型が飾られてました。

写真: resize9348

やはり別宮ということで
規模もすごかったことが
うかがい知れます。

写真: resize9347

さて次は慶州歴史遺跡地区と呼ばれる
場所に行ってみることに

入口には善徳女王の撮影地という
看板が建ってました。


写真: resize9355

ここ一帯は昔の宮殿があった場所
今は公園として整備されていますが
なにせ広大な敷地
一日で廻り切るのはなかなか至難の業
レンタサイクルもあってそれで
廻った方がよいかもしれません。

写真: resize9357

これはかつての新羅の時代の
慶州の想像図
今の慶州では考えられないくらい
繁栄を極めていたようです。

写真: resize9358

今でも遺跡の発掘が続いているようです。

写真: resize9361

なぜかこちらでは
トンイの撮影地の看板
このドラマもこちらで撮影していたんだ~

写真: resize9363

すると見えてきましたよ~
今回お墓の他に
もう一つ見たいものがあって
それがこの建物だったんです!!

写真: resize9366

これもドラマ善徳女王に出てくる建物
このお話も有名なお話でした。

写真: resize9368

これは慶州瞻星台(キョンジュ チョムソンデ)
と呼ばれる天文観測台
それも東洋最古だとか


写真: resize9369

これは1300年前からの建物ということで
それだけでも感動してしまいます。

写真: resize9372

ちょとこの建物について
他サイトから抜粋

 瞻星台の「瞻」は、「仰ぎ見る」という意味を持つ漢字である。
星を仰ぎ見て天体観測を行う建造物ということで、
瞻星台という名前が付けられたのであろう。
遠目で見ても、直線と曲線が簡潔に調和した美しい建物である。
 積んだ石の数は全部で362個で、
これは1年を陰暦に計算した日数と同じである。
 
円周型に積んだ石壇は28壇であり、
これは星座の数28を象徴しているという。
さらに、石壇の四角となっている窓の上下にある12の石壇があるが、
これは12ケ月すなわち24節気を意味するという。
 瞻星台の位置は新羅時代の
天文観測の標準線になっていたと考えられている。

最上段には、石が「井」の字に組んであり、
それぞれの石は正確に東西南北の方位を指している。
 また、当時は中国の天文台でも見られなかった
春分や秋分点、冬至、夏至点も正確に測れる構造になっているという。
すなわち石壇の中間は正確に南の方を向っていて、
春分と秋分の時には日差しが瞻星台の底まで
照らし、夏至と冬至には底に日差しが届かず、
春夏秋冬を分ける役割をしているとのことだ




写真: resize9377

みたかった慶州瞻星台
いにしえの風景を想像しながら
この地を後にするのでありました。

resize9913.jpg 

さてさてここからが怒涛のクライマックス
まったく想像できない
アクシデント
これから起きるでありました!


本日も最後まで見ていただき
ありがとうございます
今日も皆様の応援クリック
宜しく願い致します。
↓↓↓


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます~

こちらにも行かれたのですね!

しかし、当時の慶州は今より規模が大きかったのですね。

Re: タイトルなし

ヨンミョンさん


おはようございます!
本当は普門リゾートにも行きたかったのですが
時間がなくて行けませんでした
でもこの日の慶州はめっちゃ寒くてなかなか動こうと思っても寒さで動けなかったっていうのが本音です。

チョムソンデ格好いいですよね!
もともと、石積みが大好きなので、この姿に
一目惚れしました^^;
すぐ近くの民泊に泊まり、朝昼夕夜とチョムソンデを満喫してきましたよ^^

夜の池も見に行きましたが、大晦日の夜かい!ってほどの人混みで驚きました。

Re:

JUNさん



そうそうチョムソンデなんか見てるだけでも感動しちゃいます!
JUNさんはこのあたりに泊まられたんですね。やはり夜の景色を見るには泊まりですよね~しかし民泊とは!素晴らしいです!

PAGETOP