江華バスターミナル見物を終え
いよいよバスに乗りこみます。

観光案内所でパンフレットをもらい
バスの時間も親切に教えていただけたようです(笑)

教えていただけたようですというのは
一緒に行くmikiさんが案内所で全部聞いてくれたから(#^.^#)

どうも日本語では通じないようなので
お気をつけくださいね

でもパンフレットは日本語用のがありました。


写真: resize6723

さて
バスの時刻表もいただきましたが
ほとんど1時間に1本という感じの時刻表
気をつけないといけません!

写真: resize6724

さて今から私たちが行こうとしてるのは
江華島といえば
真っ先に思いつく
ド定番の所そこは

コインドル

一度このコインドル見たかったのですよね

ということで
どういう経路を辿って行けばいいか
daumの地図を使って検索

距離的には 約7.5km
結構な距離ありますね


写真: resize7652

バスを検索してみると
結構コインドルにはいくつものバスが出てるみたい

私たちは観光案内所で教えてもらった
32番というバスに乗りこみます。
時間は約19分


resize7654.jpg 

もちろんここは田舎といっても
れっきとした仁川広域市!!

私 最近まで江華島って仁川市の中にあるとは
まったく思ってもいませんでした(笑)

京畿道 なんとか群 江華島だと思ってました(^^

なのでバスの支払いは
T-Moneyカードが
ちゃんと使えますよ!!

さ~このバスに乗ってコインドルまで向かいます。

写真: resize6750

でもやはり田舎のバス
まったくバス停のない所でも
乗り降りしてました(笑)
そういうシステムなのか理解不能( *´艸`)

なので不安な方は
運転手さんにコインドルに着いたら教えてね
っと一言 言っておくと安心かも

そんなこんなでいよいよ
コインドルに着きました!


写真: resize6752

反対側のバス停
梅か桜かわかりませんがカワイイバス停

写真: resize6754

バスてのすぐ横がコインドルの
入口なります

写真: resize6755

この時期ソウルでも結構寒い時期なんで
この江華島などは底冷えのする寒さかな?って
覚悟してきたのですが
この日に限っては穏やかな日で
空も雲一つない日本では日本晴れ(笑)
っていいますが韓国ではなんて言うんでしょうね?

ふと見ると
ネコヤナギが咲きはじめていました。
(ちなみに柳の下に猫はいませんでした(笑))


写真: resize6756

入口には案内所があり
ここでまたパンフレットをもらいます。
そしていくつかこう言う場所でスタンプを押すと
後で何か景品がもらえるとか
早速スタンプ押しまくる私でありました(笑)


写真: resize6757

入口には地図やコインドルの説明文の看板があります。

写真: resize6758

歩いていくと
お~なんとなく見えてきましたよ
あれがコインドルなのか!!

写真: resize6759

お~!!
(そればっかじゃん)(笑)

これはよく写真で見るあのコインドル!!

世界遺産なんですよね!

この江華島には支石墓群
呼ばれる巨石墓が沢山点在しています。

いつ作られたかというと
約紀元前2500年から紀元前1500年頃
作られたものだとか
これらは支配階級のお墓という以外にも
儀式用の祭壇としても使われていたようです。

そんな はるか昔のものが
現代に残ってると思うだけで
感動してしまう私でありました!

いよいよ見えてきましたよ!


写真: resize6760

お~‼
 (またまたお~!です)(笑)

やはり近くから見ると迫力ありますよね!

写真: resize6761


大きさは
高さ2.6メートル、長さが7.1メートル、幅5.5メートル
テーブル上の部分の石の重さは80トン
すごい重さ!

重機もない昔
人力だけでこれを作ったのですが
ホントどうやって作ったのか
これまた不思議!

写真: resize6763

ここはコインドル公園として整備されていますが
遠くから写すと
不思議な感じ

広い公園内にポツン
コインドルが建っています。

私が思ってていたのは
荒涼とした岩場に
このコインドルが建っているような
勝手な想像をしていたので
この風景は少し思っていたのと違っていましたが
それでも
はるか昔のこういった遺跡を目の当たりにして
見に来てよかったなって思えた
コインドルでありました。



写真: resize6765

そしてコインドルのすぐ横には
江華歴史博物館
という建物が建っています。

写真: resize6769

ちょっとそこも見学してみることに
でもこの辺りほとんど
人がいなくてガラ~ンとした感じ
ま~空いてるから見るのは楽で
いいのですけどね( *´艸`)

写真: resize6768

入場料は2000w
ホント韓国の博物館は安い!!

写真: resize6771

中に入ってみると
ここ江華島の歴史を垣間見れます。

写真: resize6773

こうやって史蹟は
祭壇としても使われていたんですね

写真: resize6775


ココには昔の時代の
いろんなジオラマなどが
展示してあり
説明文や解説がなくても
十分この江華島の歴史がわかるようになっています。

写真: resize6777


中には結構リアルなジオラマがあって
これはフランス軍が侵略してきたときの
ジオラマなんですが
効果音がすごい!!

ちょっと音量もうちょっと
下げてもらえませんか状態の
わ~だの う~だの
悲鳴や怒号が館内こだましてました(笑)

た・の・み・ま・す(笑)って感じ


写真: resize6780


そんな江華島歴史博物館
結構安い値段で入館でき
いろんな江華島の歴史を
時代とともに展示してあり
結構見ごたえのある博物館でありました。

私たちはバスの時間があるので
早足で館内さっと見た感じ
なぜなら次のバスが行ってしまうと
また1時間くらい待たねばいけないから

でも一番怖かったのは
時刻表より早くバスがきてしまうこと
日本では比較的時間は守られているので
安心ですが
ここは韓国(笑)

バス停に誰もいないと
ノンストップで通過。。。

それがあるので
ゆっくり見学もしていられませんでした((+_+))

早々バス停で待機!!
でもそういう時に限って
予定時刻より
遅れてくるんですよね( ;∀;)

ま~待つのは慣れっこなのでいいんですけどね!

さてしばらくバス停で待っていると
着ましたね~お待ちかねのバス

勇んで乗り込みます

写真: resize6782

席に着きふと横を向くと。。。((+_+))

なんとチェーンソーが(爆)

さすが田舎だこと
こんなの持って
ソウルでバスに乗ろうとしたら
拒否されるか警察呼ばれそう( *´艸`)

そう言えばこの日は
13日の金曜日でなかったよな??
腕時計で確認してしまった私(笑)

こういうのも
のどかな田舎の風景の一つなんでしょうね~

写真: resize6783


バスは小さな道路そして生活道路のような
細い道を通りながら進みます

途中こんな建物が。。。
いったい何の建物なのか??


写真: resize6784


そしていったいこの恐竜はなんなのか??


写真: resize6786

考える時間さえ与えず
バスはどんどん走っていくのでした。


さ~次の目的地はもうすぐです!!

今日も最後まで見ていただき
ありがとうございます。
ぽちっと本日も応援クリック
宜しくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

ユナーさん、おはようございます~

このコインドルは江華島に数あるコインドルの中でも最も有名な「ソジョム面」のコインドルですね。想像していた以上に周囲がよく整備されていますね。

最初の道路標識の写真で思ったのですが、江華の歴史博物館はコインドルのあるここに移転したのでしょうか。古い情報ではバスターミナルの手前にあることになっています。コインドルと抱き合わせですね。

Re: タイトルなし

ヨンミョンさん

こんばんは!
ここは一番有名なコインドルですよね
公園として整備されていて散策コースもありいい場所でした
コインドルはいにしえの古代人ンがどういう風に作ったのか
見てるとすごいなって思いました。

歴史博物館前はほかのところにあったのですか??
ま~コインドルと抱き合わせですが移動しなくて済むのは楽ちんでした!

PAGETOP