朝ごはんをガッツリ食べた後は
前回月曜日だったため
見れなかった場所をいくつか回ろうということで
最初は大邱近代歴史館に行くことにしました。

写真: resize5407

ここは元々
朝鮮拓殖銀行として1932年に建設され
その後韓国産業銀行として使われ
今は大邱市が買い取り
大邱市近代歴史館として今に至るということなんだとか

写真: resize5408

洋風建築なんとなく懐かしさを感じさせられる建物
日本でもこういった様式の建物ありますよね

写真: resize5409

さて入口は?というと
なんだか縁の方にこじんまりありました。

写真: resize5410

入口には観覧時間が書いてあります

写真: resize5411

大邱市についての
いろんな歴史がここでわかるとのこと
パンフレットも入口に置いてあり
もちろん日本語のパンフレットも
置いてありました。

写真: resize5412

解説士の方にお願いして
いろいろ館内を案内していただきました。

写真: resize5413

ここが昔の銀行の金庫だったとか

分厚い扉が重厚な感じを醸し出していました。

写真: resize5414

このコンクリートの壁
すごい厚さです
中にはその当時の資料が展示されていました。

写真: resize5416


昔の銀行の写真のようです
当時の洋式の館内がまたいい感じです。

写真: resize5417

これは当時の通帳のようですね。

写真: resize5418

そしてこれが昔の大邱の地図
昔は城壁に囲まれていた事が
この地図でよくわかります。

写真: resize5422

そしてそして
ここは今回のメインイベント

昔のバスに乗り込み
バーチャル感覚市内を見学できる部屋

写真: resize5423

昔のバス停が置いてあります。

写真: resize5424


当時はこのような道を
バスは入っていたようです
ここは北城路のようです。
当時の繁栄の様子がよくわかります。

写真: resize5430

さて中に入ってみることにします。

写真: resize5433

この部屋は
バスの中という設定
正面にバスから見える風景が映ります。

写真: resize5434

大邱市の中心地を通りながら
当時の写真とCGを組み合わせての
楽しいバーチャル映像

本当に昔のバスに乗り
当時の大邱市を巡っているような感覚に
させてくれました。

解説してくれるのは
車掌のお姉さん

そしてバス停に着き
発車するときに
車掌のお姉さんが
オ~ライ~!!の声

めちゃ耳に残ってます

発車 オ~ライ~(笑)

昔 日本でもバスガイドさんや
市バスがまだ車掌さんがいたころ
やっぱりオ~ライ~っていてたのを思い出しました。

写真: resize5435

これは面白いですね
何度も見たい感じででしたが
そうも行かないので他のところへ移動です。

写真: resize5436

この写真 韓国の経済を引っ張る
サムスングループ
最初にここ大邱市からスタートしたんだそうです。

今も韓国プロ野球の
サムスン・ライオンズの本拠地が
大邱市にあるのは
そういった経緯もあるのかも
しれませんね。

写真: resize5431

そしてこれは
 あのマリリンモンローが朝鮮戦争時
米軍兵士の慰問で大邱市に来た時の写真なんだとか。

まだまだ紹介しきれないいろんな興味深い
大邱の歴史の展示物がたくさんありました

こういう歴史物の博物館
私大好きなので めっちゃ楽しめました!

大邱に行かれたら
この大邱市近歴史館
ちょっと
外せない場所ですよ!!


写真: resize5438


大邱近代歴史博物館
住所大邱市(テグシ) 中区(チュング) 布政洞(ポジョンドン)33
住所(韓国語)대구시 중구 포정동 33/대구시 중구 경상감영길 67
電話番号053-606-6430
営業時間9:00~21:00(4~10月)、9:00~20:00(11月~3月)
※土日・祝日は1時間短縮、入場は閉館30分前まで
休業日月曜日、1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の当日



今日も応援クリック
お願い致します。
↓↓↓


にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。日本ではいまひとつマイナーな大邱ですが、ユナーさんの前回・今回の紹介で意外と見所があるのがわかりますね。

よく考えてみれば、仁川に抜かれたかもしれませんが、それでも韓国で第4位の人口を誇る都市、日本だと名古屋的な地位の都市なんだと思います。

ヨンミョンさん

ヨンミョンさん こんにちは!
最近大邱は旅行雑誌るるぶも今度大々的に取り上げられるようで
最近何かと話題のスポットになりつつあるようです
そういえば街並など何となく名古屋に似てる感じもするので
親近感を覚えました!

PAGETOP