旧ソウル駅 文化駅284で
イベントを見た後
またまたバスに乗り
降りた所は こんな所!

写真: resize4376

馬場洞畜産物市場


ここはお肉の市場としてめっちゃ有名な市場ですね
私はまだ一度も足を踏み入れたことがない
未開の地

この市場には馬場洞焼肉横丁なるものがあり
なかなか普通では食べれない部位のお肉があったり
新鮮なお肉がいただけるたりするところなんだとか

丁度バス停の近くに
市場の入り口がありました。


写真: resize4406

たくさんの人たちが買い物をされてます
やはり買い物袋にはお肉
さすがです!

でもねここ。。
匂いが結構すごいかも(笑)

ホルモンなんてバケツの水にそのまま入れてあったり
見たこともない部位のお肉がおいてあったり
探検しようかとも思いましたが
入口約20mで退散!!

今度 鼻栓して(笑)
下準備万端で再びチャレンジしようと思っております!




写真: resize4407

アジョッシもすごい数の発泡スチロールを
バイクに積んで配達?です


写真: resize4408

ってか
前置きが長くなりましたが
私 市場に来た訳ではなく
ここに来るためにバスに乗ってきたのであります。


写真: resize4380

その場所とは

清渓川文化館!!

3.4年くらい前に一度
訪れたことがありましたが
去年からリニューアル工事が行われていて
最近その工事も終わり
再オープンしたというのを聞きつけ
やってきたということだったんです。


写真: resize4381

入口は2階なのでエスカレーターを上がっていくと
向かい側には昔の清渓川あたりの
バラック小屋が再現されています。


写真: resize4382

ここ中に学生服なんかがおいてあり
自由にそれを着て
写真を撮ることができるのです。
丁度どこかのカップルが写真撮っているようです。

当然私も前に来た時やりました!!(笑)


写真: resize4379

ここが清渓川文化館の入口です。

写真: resize4383

中に入ると受付で
リニューアル記念
マグカップをもらうことができましたよ!

ラッキー!!

写真: resize4384


さて入り口からみた
文化館の展示



写真: resize4385

元々昔はどんなふうに清渓川
ソウルの街を流れていたかを
見ることができます。

こうやって見ると
清渓川からいっぱい支流があったことがわかります。


写真: resize4386

朝鮮時代はこのような感じに
なっていたみたい


写真: resize4387

そしてこれが
1920年頃の清渓川の風景


写真: resize4389


ここからは少し前(日本統治時代)
のソウルの説明

グラフは北村に住んでた人の国別割合
北清洞には
韓国人
96.3%

日本人
3.6%
というグラフ

結構日本人住んでる人多かったんですね

しかしこの写真よく見ると
びっしり家が建っていて
すごい人口密度って感じ
日本家屋っぽい建物も多く見られます。


写真: resize4390

こちらは今でいう
明洞・南山あたり
人口の10%近くが
日本人っていうのもすごい!


写真: resize4391




そして
この写真はちょっと貴重かも
日本統治時代
南山にあった

朝鮮神宮

アングル的には
南大門の上から写真撮っているんでしょうか?

はっきり朝鮮神宮の全景が見てとれます。



写真: resize4392

今は全く影も形もなくなっている
朝鮮神宮ですが

この写真を見てたぶん こういうアングルから
ここを見てるんだろうなと推測してみました!



resize5761.jpg 

私こういう話になると
長くなってしまいますので
またこのお話はいつか書いてみたいと思います

詳しく知りたい方は

韓国古建築散歩という
私 大好きなサイトがありますので
そちらをご覧ください
サイトはこちら→



そんな頃のソウルの写真もありました。



写真: resize4393


そしてこれは戦後
清渓川沿いに建てられた
バラック小屋

戦後の貧困時代 たくさんの人が
身をを寄せ合って
清渓川沿いで暮らしていたようです


写真: resize4395

その時の写真も
展示されていました。

写真: resize4396


これはカラー写真ということもあり
そんなに遠くない過去の風景のようです。


写真: resize4398

人々の暮らしぶりがわかります。

しかしそんな貧困時でも
子供は元気ですね(笑)


写真: resize4397

そしてこんな のどかな風景も
やがて清渓川の上に
高速道路が走ることになり
川は地下を流れるようになってしまいました。
そして
清渓川とともに
人々もいなくなっていったようです。

写真: resize4399


前はこういったバラックのお店が立ち並んでいたところも
整備されこのような感じになったんだとか


写真: resize4400





そして下の写真は
この頃起きた事故の様子

これはあまりにも有名な
三豊百貨店 崩落事故

漢江の奇跡といわれた
高度成長期のゆがみが
こういった形で表れてきたのも
この頃

他にも聖水大橋の崩落事故など
いろんな事故が起こったようです。


写真: resize4401

そして

2003年から
高速道路が撤去され
2005年には
現在の清渓川になり今に至るということです

その写真が下の写真


写真: resize4404


清渓川は知っていても
どういう成り立ちだとか
そこにそんなドラマがあったのかは
日本人である私たちが
知る由もないんですが

ここ清渓川文化館に来れば
結構そういうことがわかる
いい場所だと思います


ここはあまり知られていない展示館だと
思いますので
ちょっとした穴場かも

興味がある方は是非行ってみて下さい。


清渓川文化館

ソウル特別市 城東区(ソンドング) 馬場洞(マジャンドン) 527-4
서울특별시 성동구 마장동 527-4

営業時間: 9:00~19:00
(土・日・祝日3~10月 19:00まで、)
(11~2月 18:00まで)
※閉館30分前まで入場可

休日: 月曜日、1月1日

resize5760.jpg 

ソウルナビさんでも行き方
詳しく載っています
ここから→

今日は長編でしたのが
最後まで見ていただき
ありがとうございます
ポチッとクリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。馬場洞なんて場所は知っていても足を踏み入れたことはありません。

こうしてみると韓国も歴史や文化に力を入れ始めた感じが伝わってきます。

やはり清渓川の再建は正解ですね!

ヨンミョンさん

こんばんは~
馬場洞って結構コアな場所ですよね
でも結構散策すると面白そうな感じがします。

清渓川文化館 ここもリニューアルで面白くなりました
是非いつかヨンミョンさんも行ってみてくださいね。

情報ありがとうございます

こういう場所探していたんです
今度行ってみます
情報ありがとうございます

満作さん

おはようございます!
いいところなので是非行ってみてください!

ユナーさんから、“大好きな”
とご紹介いただき大変嬉しいです。ありがとうございます。

りうめいさん

コメントありがとうございます
いやいや大好きなのは本当のことですよ!
いつも楽しみに見させていただいてます。
これからも宜しくお願い致します。

PAGETOP