東豆川駅から京元線に揺られること
約1時間弱いよいよ馬高地駅に到着です!!

写真: DSC_1558_R

ここもさすが京元線最北の終点
降りる人は数えるほど

写真: DSC_1559_R

この看板でここが終点だということがわかりますね

写真: DSC_1560_R

ここは2012年11月にまだできたばかりの駅というので
建物もホームもまだ新しいです。

周りを見渡してみました。

写真: DSC_1564_R

何とも のどかな感じです
こういう風景いいですね!

ふと見るとホームの向こうの方で
笑顔で手を振ってらっしゃるがいるではありませんか!

そう本日案内をしてくださる
あむさんでした

あむさんは日本で知り合われた旦那さんと結婚され
今はこちら鉄原で農業をされている方なんです。
そしてこの鉄原のガイドもしていらっしゃる
大変パワフルな おね~さん(今度なんかください(笑))

そのあむさんと一緒に今日は一日
この鉄原を回るのです。

まずはこの白馬高地駅の説明からしていただき
ホームの端に行くことに

ここにはこんなものがあるのです。

写真: DSC_1566_R

ここで線路は行き止まり
横には何か書いてある看板が見えます。



写真: DSC_1563_R

この看板には昔 臨津閣のところでも見たことのある言葉が
書いてありました。

鉄馬は走りたい と書いてあります。

この京元線 もともと
日本統治時代
当時の京城(ソウル)から
日本海側の元山を結んでいた
鉄道だったのですが
第二次世界大戦後 国が北と南分断されたため
この京元線も38度線を境に
二つに別れたということなのです。

それ以降ずっとこの京元線は分断されたまま。。。
鉄馬は走りたいの意味は統一を願う人々の
願いなのかもしれません。

駅前にはこんなオブジェがありました。

写真: DSC_1568_R

白馬高地の由来などが書いてあるのでしょう
詳しくはまた後ほど出てくるのでここはちょっと割愛

さすがに駅は最近建ったいうことできれいです。

写真: DSC_1569_R

さ~これから あむさんの自動車に乗って
鉄原ツアーのはじまりです。

ここ鉄原はとの国境にも近く
軍事施設もあちこち見られたりして
一見のどかな雰囲気の感じですがそういう施設を
見ると改めてここは国境近くの町
そして今はまだ朝鮮戦争が終わったわけではなく
休戦中ということがひしひし
伝わってくるこの鉄原であります。

ちなみにこの白馬高地駅あたりは
江原道鉄原郡というところ
この辺りを総称して鉄原とこのブログでは呼ぶことにします。

さて最初に向かうところは
朝鮮戦争時最大の激戦地であった
白馬(ペンマ)高地が見渡せる
白馬高地戦跡地へ向かいます。

しばらくこんなのどかな道を走ります。
昔(日本統治時代)はこの辺りも
いっぱい家が建っていて結構な賑わいだったそうです。
江原道の道庁も
この鉄原にあったそうです。

しばらくすると。。。

写真: DSC_1571_R

ここから先は民間人統制区域
許可書を持ってないとここから先ははいれないとのこと
ちょっとこういうのを見ると緊張しちゃいます。

さて車はドンドン進み

写真: DSC_1573_R

白馬高地のある大馬里へというところへ入っていくのです。

実は私 歴史ものが大好きで
この朝鮮戦争なども結構いろんな本などを
読み漁ったり そういった関係のDVDも沢山見ているので
その歴史のあったその地に立てるということで
結構この時点でテンションアップ状態!!
ずっと前からここへは来たかったのです。

さて長くなりましたので続きは次回ということにします


ここで告知


鉄原でガイドをしてくださる あむさん
この後も普通ではいけないところなども
連れて行っていただけました。
個人ツアーという形なので
多少のリクエストなども聞いていただけるので
是非興味のある方は
あむさんのブログ

韓国に行った日本人-Welcom to Korea
↑↑↑
見ていただき直接メールで問い合わせてみてください。




今日も応援ありがとうございます!!
↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村




コメントの投稿

非公開コメント

貴重な体験!

ユナーさん、こんにてゃですぅ~

こんな旅は、普通のツアーや全くの個人旅行では無理ですね。
あむさんの存在は貴重です。

しかし、議政府の屋台でも日本から嫁がれた女性がお店を切り盛りしておられましたが、こんな地方にも日本から嫁がれる人がおられるのですよね~

リンクありがとうございます!
レポート楽しみにしてます、あ、ところで
何も出ません....と言いたいところですが、
今度大サービスします♥(それがアジュンマ?)

Re: 貴重な体験!

ヨンミョンさん こんにちは
なかなか普通のツアーでは廻れないところもつれていっていただき
本当に感謝でした。
結構この鉄原にも日本の女性が嫁いでいらっしゃるのは
僕もびっくりでした
あむさんの住んでいらっしゃる地区はやはり日本時はあむさんだけのようです。

Re: タイトルなし

あむさん こんにちは
ではお言葉に甘えて今度大サービスしてもらっちゃいます(笑)
しばらく鉄原編続く予定なのでそのあいだ中
毎回リンクさせていただきますね。
宜しくお願いします~

PAGETOP