超有名なナミソムの
雪だるまのところで懐かしさを噛み締めながら
またナミソムの奥へ歩いて行くところから
今日は始めようと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

韓国旅行ブログランキングの参加しています
ぽちっと下のバーナーをクリックしていただければ
めっちゃ励みになります。宜しくお願いいたします

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

にほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

奥に入っていくと 昔とは違いいろんな施設ができていました
レストランだったりお土産売り場だったり
すっかり観光地化していました。
6年前はホント何もなくて純粋に景色を楽しむだけ
という感じでした。
冬ソナのおかげなのか?弊害なのか?
むつかしいところではありますね。

記念館はこんなところがありました

CIMG0475_R

当時の写真が飾ってありましたよ

しかし僕はこここれを所望(笑)

CIMG0476_R

自然を見ながらちょっと一杯というのも
いい感じです。

さ~ここを曲がればもうひとつの
有名な場所です

CIMG0477_R

あのメタセコイヤの並木道です

CIMG0486_R

CIMG0488_R

いや~これを目の当たりにするとテンションも上がりますね
ドラマが蘇ります。

6年前はここも多くの観光客でいっぱいでこんな人が少ない
写真は絶対無理でした。 このくらいがいいですね

この近くには冬ソナの銅像もたってるんですよ

CIMG0492_R CIMG0493_R

CIMG0494_R

お二人の銅像ですがこの頃が懐かしいですね

CIMG0496_R

ちょと駆け足で巡ったナミソムでしたが
観光地化してると言ってもやはり自然がたくさん残っているところです
秋の紅葉の頃はきっと綺麗なんでしょうね
またいつか ここは来たいと思わせる不思議な雰囲気を持つ
ナミソム
ソウル龍山駅~ITXで約50分
加平(カピョン)という駅で降りて
タクシーで約2.3分
昔より断然近くなったナミソム
是非今更とは言わないで訪れてみるのもいいですよ。

さてナミソムを離れ向かった先は春川(チュンチョン)
まだまだ旅は続きます。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます
ランキングに参加しておりますので宜しければ
下のバーナーをクリックしていただくとありがたいです。
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


韓国旅行 ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ここまで来たら!

こんばんは~

そうですよね。ナミソムまで来たのなら春川にも足を延ばさなきゃですよね。
韓流の先駆けとなった「冬ソナ」、今でも根強いファンがいますね。最近では中国からの観光客も多いのではないでしょうか。

やはり「聖地巡礼」は力が入りますね~

Re: ここまで来たら!

おはようございます
中国の人この時はみませんでしたね
最近は日本人より中国人が多いみたいですが・・・
でナミソム人が少なくてよかったですよ

PAGETOP