タイトル画像

韓流スターに会いに☆彡

2012.02.01(07:58) 775

そろそろこの日も夕暮れが近づいてきました

地下鉄に乗って漢江を渡るのですが

ちょうど夕暮れの時で漢江の向こうに

落ちて行く夕日と江南のビルの

シルエットがなんともきれいでした。

 

さてわれわれが次に向かった場所

蚕室といったら もうお分かりの方もいらっしゃると思います

CIMG2880_R

実は私ユナーは何十回もソウルに行ってるくせに

ここには一度も訪れたことがなかったという

ユナー7不思議のひとつでもあったのですが・・・・

(後6個はなんじゃ???(笑))

ちょっと見学しに行こうということで到着

CIMG2863_R

いや~きれいですね 噂には聞いていたのですが

こんな風になってるんだ~と お上りさん状態

 

あんぐりしてるユナママ

CIMG2866_R

実際にはロッテワールドには入場していないのですが・・・

そして感動しながら歩いていると

ロッテスターアベニューという

韓流スターの展示品や

体験型のエンターテーメントが楽しめる場所に着きました

CIMG2867_R

両側にはスターの展示品がいっぱい

CIMG2869_R

今をときめくグンちゃんはじめ

  JYJの展示

CIMG2872_R

そしてヒョンビン関係の展示

CIMG2876_R

ちょっと首がない人形にはびっくりでしたが・・・

CIMG2877_R

とにかく韓流ファンにはたまらないところなんでしょうね~

このときは夜7時くらいだったのですが

明らかに日本人~という

おばさまがたが  結構いらっしゃいましたよ

 

さて一通り見たところで

もうお腹の虫がグーグー鳴ってるのに気づき

夕食を食べにまた地下鉄に乗り込む

ユナー一行

この夜はどこで食べたのでしょう~

そのお話は

次回へ

つづく

今日も最後までありがとうございました

クリックのご協力お願いいたします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

〆はサム!

2012.02.02(07:59) 776

遠くに見えるロッテワールドを見ながら

また移動です

CIMG2882

今度はまた地下鉄を乗ち継いで

ノヤンジン駅まで・・・

やはりこの日よく動いたので

最後はサムギョプサルで〆ようということで

またまた それから またまたくらい頻繁に

行ってるポルチプサムギョプサルに

行くことに

CIMG2883

味は毎回食べるのでわかってはいるのですが

やはり飽きないおいしさです。

実は名古屋にも支店があって今度は2号店3号店まで

出すとのこと

流行ってますよ~名古屋で~!!

今回も食べた後は

CIMG2889

アンド

CIMG2888

どちらもサムの後なのでさっぱりして

おいしいです~

皆さんもポルチプサムギョプサル

行ってみましょう~(笑)

さてこの後 永登浦駅まで移動

CIMG2891

タイムズスクエアーの近くから

気球に乗って  バスに乗って

この2日目は暮れていきました。

次回からはやっと 本題に突入です

つづく

今日も ぽちっとご協力お願いします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

朝早くから高速バスターミナルへ

2012.02.03(08:43) 777

この日はなんと 朝5時起き

眠い目をこすりながら地下鉄へ

さすがにホームにはほとんど人もいませんね~

CIMG2892_R

向った先は地下鉄3号線

高速バスターミナル

その中にあるセントラルシティというところ

CIMG2894_R

ココは地方へ行くバスのターミナルでありまして

中はこんな風になっています

CIMG2895_R

ずらーっとバスが並んでいますよね

結構圧巻です。

CIMG2896_R

僕らはなぜこんなところに朝早くから来てるかといいいますと

今回の旅のメインである あるところに

行く為なんです。

その場所とは・・・

CIMG2898_R

↑ さ~この中に答えは隠されています 

わかりますでしょうかね?

答えは・・・・

安東(アンドン)

そうアンドンなんです。

今回葉ココへ行くのが目的の旅だったのです。

 

さて朝早く着いたユナー一行

チケットを買い早速バスに乗り込もうと

思いましたが そういえばまだ朝食は食べてないということに

気がつき このセントラルシティの中にある

キンパ屋さんで朝食ゲット

CIMG2901_R CIMG2905_R

安東までは焼く2時間弱 腹が減っては戦は出来ぬ

ということで ダンキンドーナッツでもドーナッツ ゲット~

CIMG2910_R

ユナー一行朝から元気です。

 

乗り込んだバスはこれ

CIMG2900_R

乗ってる人はあまりいなかったですね

10人いたかな?

CIMG2907_R

運転手のアジョッシは陽気な田舎の運転手さんって感じの人で

だれかれ構わず話かけてきます。

さて出発~

バスは高速道路を一路 安東へ向ってひた走ります。

途中寝ようかなとも思ったのですが

行ったことのない町や景色を見るのも大好きなので

ずっと車窓を眺めていました。

 

途中トイレ休憩がありましたが

あまり時間がないということで

本当にトイレだけで他は見学できませんでした。

CIMG2909_R

とりあえず写真だけ撮りました。

 

そうこうしてるうちに バスは時間より早く

約1時間40分くらいで安東へ到着

CIMG2911_R

結構回りは畑が多くて 想像してたよりは

田舎のバスターミナルでありました。

さてこの後 安東市内に行くのですが

その模様は 次回へ

つづく

今日も元気にポチッとクリックお願いします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

安東に上陸~!!

2012.02.04(08:28) 778

安東バスターミナルへ着いた ユナー一行

ここは安東市内でも結構はずれにあるようで

周りはなにもないところです

CIMG2917_R

時間は午前10時すぎ

まずは何はともあれ あれを食べに・・・

あれとはまだ内緒~(笑)

 

でも安東市内にはバスで20~30分かかるそうで

早速バス乗り場へ

CIMG2914_R

しばらくするとバスがやってきました

CIMG2915_R

安東のバスはピンクの色を基調としたバスのようです

この後市内でバスを見るのですが

このデザインに統一されているみたいで

見るバス見るバスこのバスでした。

そうこうしてるうちにバスは目的地に到着

CIMG2919_R

町の雰囲気がソウルと違い

まさしく郊外~という感じがまたいいですね

CIMG2921_R

そしてここが目的のあれがある

市場なんです

CIMG2922_R

市場はどこの市場にいっても面白いですね

地元の生活が垣間見れる感じがして

こういうところ大好きです。

CIMG2923_R

CIMG2924_R

ここを歩いていると見えて着ましたね

目的のお店!

どんなお店だと思います?

ヒントはこの写真

CIMG2936_R

く~早く何を食べに行ったのか言え~

って声が聞こえてきそうですね

いや~それは・・・・

次回ということにしておきます(笑)

クククク

引っ張りまくります ユナー(笑)

では次回へ

つづく

今日もクリックご協力お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

立春に韓国で見かけたこれ

2012.02.05(12:38) 779

昨日は立春でしたね

節分も終わってこれから春!!という感じでしょうか?

 

春といえばちょっと思い出すものがあります

韓国に行った時ソウルは北村の韓屋のあるところで

よくこんなお札を見かけました

P1020142_R

立春大吉

皆さんも見たことありますでしょうか?

この文字をよく見ると

4文字とも左右対称になってるのがわかりますでしょうか?

これが昔から縁起のいい言葉として

災いから身を守ってくれるといわれているそうです。

 

昨日は立春

ユナー家もこういうの大好きなので早速

いろいろ立春大吉について調べました。

本当は別に自筆で書いてもいいそうなんですが

ネット見てたら近くのお寺で

この立春大吉のお札を分けていただけるところが

あるのを発見

ちょっと行ってみることに

 

そこは名古屋は大須というところの

万松寺というところ

ここは昔織田信長が父の信秀の葬儀で

焼香を投げつけたというところで有名なんです。

IMG_6890

ここでいただいてきましたよ~

お札

じゃじゃ~ん

IMG_5051

早速玄関に張って見ました~

IMG_0819

本当は玄関のドアの外に張りたいのですが

ここの家は何者?と思われても困りますので(笑)

玄関の入ったところに張って見ました。

 

迷信は信じませんが

いいといわれたことはやって見る価値はあるかな?ということで

やってみることに。

 

今年も健康で何度も韓国へいけますようにと

願いつつ

皆様も紙に書いてやって見てはいかがでしょうか?

なんとなく韓国の雰囲気が出ますよ(笑)

というのが 今年の立春の出来事でした。

 

次回はお待たせ

ついに安東で有名な食べ物を食べた

その食べ物の真相が明らかに

では次回へ

つづく

今日もクリックのご協力お願いします

↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

く~安東の名物料理は最高

2012.02.06(07:50) 780

さて安東に着いたユナー 一行

このゲートを見ればこれから何を食べに行くか

わかりますよね(^_^)

CIMG2936_R

アーケード街を歩くとそこは

両側にこの食べもののお店がずらり

その中から ソウルトンセンがネットでも評判だった

お店があるのでそこへ行こうということで カジャ!

ココがその食堂です

CIMG2927_R

店の名前は キム テガン

そう何を隠そう (隠してないけど)

あの有名な安東の食べもの

安東チムタク

を食べにここまで来たのです。

チムタクって何?って思われる方もいらっしゃるでしょうか?

チムタクはもともと慶尚北道安東の名物料理で、

1980年代中頃に、鶏料理を専門とする店が集まった

在来市場から生まれたといわれている。

チムタク専門店のホームページなどを見ると、

タットリタン(鶏肉と野菜を甘辛に煮こんだ)を食べていた客が

、自分の好みに合うようにジャガイモやタマネギなどの

具を足してもらったところから

新しい料理へと発展していったというエピソードが紹介されている。

その安東地方の名物がソウルに進出してきたのは

2000年の10月。安東と大邱(テグ)出身の

30代の若者が集まって大学路に

「鳳雛チムタク」

という店をオープンさせた。

カフェのような洒落た雰囲気と、甘辛い鶏肉の味、

ボリュームなどが評判を呼び店舗数が増え、

また違うチェーン店も続々と登場し

2001年には大ブームへと発展した。

 

ソウルでも一時期ブームでしたよね

明洞あたりでもお店が今でもありますが

トンセンが

「ヒョン 辛いから覚悟しといてくださいね」

といったくらいなのでちょっとおっかなびっくりで

この店に入りました。

 

さて注文してで来た チムタクは

CIMG2931_R

巨大なさらに これでもか~!!

というくらいのボリューム

鶏肉の量が半端ではないことがわかりますでしょうか?

味は醤油ベースの甘辛い味

辛いには辛いですがそんなに食べれないほど辛くは

ないです。コクのある味なんですね!

 

トンセンもこれが本場のチムタクなんだ~

と黙々と食べていました。

 いや~名物においしいものは無しといいますが

ここのチムタクは本当においしかったです。

しかし量は多いので気をつけてくださいね

 

大満足でお店を出たユナー一行

また こんなことしてますね

1328408909[1]

ごちそう様 コケッコッコ~(*^_^*)

というわけで

お腹も満腹ということで次の目的地に向かって

GO!!

さてその模様は次回のお楽しみというところで

今回は終了

次回へ

つづく

 

皆様のクリックに感謝いたします

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

安東 河回村へ

2012.02.07(08:13) 781

安東のチムタク横丁でチムタクを

お腹一杯食べたあと

さて次の目的地 河回村というところに移動

ここへ行くはバスに乗って結構行かなきゃ行けない

とのことだったのですが

待ってる時間もなくタクシーで行くことに

 

ここ河回村は あのリュ・シオンの実家があるところで

有名ですよね

さてなんだかんだ言いながら約30分くらいで

到着

CIMG2942_R

まずはココで入場料を払います。

CIMG2940_R

ココが河回村の入口だと思っていたら

実は違いのです

ココから専用のバスに乗って

村の入口まで向うのです。

CIMG2941_R

しかしこの場所もいろんな施設があるようですが

今回は時間がないのでパス!

そしてバスも結構人が待ってたので

バスに乗らず歩いていくことにしました。

 

村の入口まではそんなに遠くなく

歩いて約20分くらいだったでしょうか

いろんな景色が見れてそれはそれで良かったですよ

CIMG2943_R

遠くに見える河は 洛東江

朝鮮戦争のとき最後の防衛線が張られた所でも

有名です。

CIMG2944_R

そうやってドンドン歩いていくと

見えてきました河回村

CIMG2946_R

CIMG2947_R

なんとなく時間がゆったりと流れている感じが

どこか懐かさを感じます。

 

さてこの河回村 世界遺産ということで

入口のところで記念撮影

1328413915[1]

次回からは河回村編を何回かに分けて

upする予定です

では今回はこのあたりで

つづく

今日もクリックお願いいたします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

河回村で見つけた不思議な飲み物

2012.02.08(07:53) 783

安東は河回村に着いたユナー一行

ゆっくりこんな景色のところを歩きます

CIMG2947_R

こんな屋根の上に何かなってますね~

なんでしょう?

CIMG2954_R

しかしこんなでかいのが落ちてきたら

大変でしょうね~

コレは村のあちらこちらに見られる風景です。

屋根には きのこがはえています。

CIMG2952_R

そうやってあるいていると

面白いお店発見!!

何か飲み物を売ってるようですが

何かわかりますか?

CIMG2948_R

近づいてみましょ~

CIMG2949_R

左側は 冷えたコーヒー アイスコーヒーですが

右側はあまり見かけない

ミスって書いてあります???

なんでしょう???

 

早速これは飲まなきゃということで注文!

CIMG2950_R

CIMG2950_R

一口飲みましたが なんだか味わったことの無いような

穀物の味 でもどこかで飲んだような?

そうなんです

ミスと書いてあるのは

ミスカルのことだったのです

 

ミスカル?という方もいらっしゃるかと思いますが

このミスカルというもの

いろんな穀物や豆類を粉にして

水等で溶いた韓国では結構ポピュラーな

夏の飲み物なんです。

 

体には いい感じって思いますが

ちょっと粉っぽくて あまり甘くもなく

いまいちなんですが

こういうところで飲むことに意義があると思い

飲み干しました(笑)

 

でもソウルとかではマート等に

もっと飲みやすくした

ミスカルの粉末が売ってますので

健康のために皆さん一度いかがでしょうか?

私はもういいです(笑)

 

さてこの後は河回村伝統芸能を見に行きます。

その模様は次回に

つづく

今日もクリックお願いします

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

(動画あり)安東河回村で仮面踊りを見る

2012.02.09(07:48) 784

ここ安東 河回村といえば

有名なのは なんといっても 

タルチュム

という踊りです。

この踊りは

重要無形文化財第69号となっているんです。

タルという言葉は仮面という意味で

仮面をかぶって踊る様は本当に面白いということです。

お面は皆さんもどこかで見たことがあるかとおもいます。

 

さてこのタチュルム毎週村の

河回別神クッタルノリ(河回タルチュム/仮面劇)常設施設場

というところで週3回無料で見れるんです。

 運よく丁度この公演が始まる時間に

居合わせたおかげでコレを見れたんです。

CIMG2956_R

コレが会場の入口 もう始まっていました

CIMG2961

こういう鐘や太鼓のリズムに乗せて 演劇が始まります

CIMG2957

ココではいろんな人物が出てきます

CIMG2964

CIMG2968

CIMG2965

CIMG2972

いろんなバージョンの劇があるのですが

どれも昔の朝鮮王朝時代の庶民の生活が反映されていて

庶民が上流階級 両班を皮肉った踊りだったりして

世相をもじった内容で言葉がわからなくても

十分わかりましたし笑えました。

ではちょっとその模様を

動画でお見せしましょう

クリックで始まります。

 

どうです独特のリズムでしょう~ 

このリズムがずっと耳に残っていて

しばらく大変でした(^_^)

さてこの公演が終わると

演舞された方がお面を外してのフィナーレです

CIMG2977

コレは本当におススメできる演劇でした

さすがに無形文化財になってるだけのものはあります

 

頭の中はこのリズムのまんま

つぎなる河回村へ行くユナーでした

次回へ

つづく

今日もクリックのご協力お願いします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

(動画あり)安東 河回村 渡し舟に乗る

2012.02.10(08:36) 785

伝統の仮面演舞を見終えた後

静かな河回村の中を散策しながら歩きます。

 

この日はちょっと曇りということで景色も

色あせて見えますが きっと晴れの日は

青い空と白い雲そして河回村のゆったりとした風景が

一体となって見事な景色なんだろうなと

思いながら歩きます

CIMG2981_R

丁度コスモスも咲いていて秋を感じさててくれました。

さて

僕らが次に向ったのは

芙蓉台というところ

ココは小高い山になっていてそこから

眺める河回村の景色は絶景だと

聞いたのでこれは行って見なきゃということで

向いました

CIMG2982_R

この山が芙蓉台というところです

結構険しそうな山じゃないデスか~

どうやってあそこまで登るんだ?ってなことを

話しながら歩いていると

芙蓉台がある対岸へ行く為の渡し舟の

乗り場に到着

CIMG2983_R

この渡し舟 往復2000Wでお客がある程度集まると

出発します。

まだお客が少ない出発待ちのようです

CIMG2986_R

僕らも急いで乗船

河の風が心地よく ゆったり流れる洛東江

いい感じです(^^)

CIMG2988_R

 

一緒に乗船した人の中にかわいい子がいまして

このお面もいいですね~思わずどこで買ったの?と

聞きそうになりましたよ(笑)

CIMG2990_R

はるか遠い日本という国で君が紹介されてるなんて

夢にも思わないでしょう(^^)

 

そうこうしてるうちに船は出航

CIMG2993_R

船から見える芙蓉台も又いいですね

CIMG2991_R

ではココでちょっと動画がありますので

ご覧ください


なんとなく雰囲気わかりますでしょうか?

この渡し舟 ものの2分くらいで対岸に到着

ついに対岸に上陸

CIMG2997_R

この後 芙蓉台に登るのですが

ゲッと思うことがこの後ユナー一行に

降りかかるとは この時誰も気づく人は誰もいませんでした~~~

つづく

今日もクリックのご協力お願い致します

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

地獄の登頂(動画あり)安東河回村芙蓉台!!

2012.02.11(09:39) 786

渡し舟に揺られること約1.2分

長い船旅の果てにようやく対岸に着きました

CIMG2998_R

やっとこれからがメインイベント

芙蓉台からの絶景を見に行くのです。

でも初めてここへ来たので

まったくどこから上るのかわからないユナー一行

船から一緒に降りたお客さんの

後をついて行けば何とかなるさと

みんなの後をついていくことに

 

このことが まだ後ほど起こる苦しみに

つながって行くとは

このときユナー一行は

知る由もありませんでした。

 

CIMG2999_R

皆さんの後をついていくユナーー一行

しかしだんだん道が細く険しくなっていくではありませんか~

しまいにゃ~

CIMG3000_R

崖のようなところを登る羽目に

汗は出てくるは のどは渇くは

ちょっと~しんじられない~!

と言う声が後ろから痛いほど聞こえてくるのを

無視して

ドンドン登っていきました。

まさか観光地まで来て山登りするとは思いませんでした(笑)

のぼりはじめて15分くらいでしょうか

ようやく頂上へ

CIMG3008_R

河回村が一望です

CIMG3001_R

先ほど乗った船乗り場も見えますね

CIMG3012_R

この辺かな?リュウ・シオンの実家は??

CIMG3006_R

CIMG3004_R

河回村へ来たならここもやっぱり はずせませんよね

動画もありますので

ちょっと見てください

画面クリックで始まります↓↓

しばらくボーと眺めていました

 

さてそろそろ降りようと帰りかけたとき

さっきの道ではないほうに

ほかの人が行くではありませんか

あれ??

でもその人たちについていくと

なんと遊歩道みたいな道が整備されていて

簡単に下までいくことができました

あの崖はなんじゃったんだ~

というのは後の祭り

冷たい視線を後ろから浴びながら帰り道を

急ぐユナーでありました。

 

帰りの船で船頭さんが

ソウルトンセンに お前行き 乗ってなかったんじゃない??

といわれていたのが笑えました。

CIMG3016_R

楽しい芙蓉台でありました

皆様も一度行ってみてくださいね

つづく
今日もクリックのご協力お願いします
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

松の芽を飲む?

2012.02.12(10:10) 787

河回村の芙蓉台も見終わり

その後また河回村を散策することに

そして・・・

見つけてしまったのですよ~

 

ユナーが見つけてしまったといえば

食べ物か飲み物でしょう~(^^)

 

今回はこんなもの発見

CIMG3018_R

ジャジャーン

これはいったい何の飲み物でしょう??

 

読み方は

セン ソル と書いてあります

センとは 

ソルとはなんと・・・

さあ~あわせて読んでみましょう

生松

ク~やってくれました

いったいどんな飲み物なんだ???

ということで1本購入 させました

自分で買えよ~

そんな声が聞こえそうですが

そこはソレ こういうときにこそ

頼れるソウルトンセンがいるのです(笑)

 

しかしこのジュース聞くところによると

韓国ではメジャーな部類に入るとかで

なんと発売元はロッテが売ってるんですね~

 

これはどんなジュースかといいますと

なんと松の芽が入っているとのこと

松の芽なんか飲めるのかい???

それもセン→生

 生の松の芽ジュース

お味はといいますと

 

なんだか薄くて甘くなくて

それでなんか飲んだことのないような

香りが・・・・(笑)

表現しようがないんです

ロッテさんごめんね

不味い

 まずい

まずい

これは韓国マニアの方なら

一度飲んでもいいかも~

しかし松アレルギーの人は飲んではいけません

(そんなアレルギーあったかしら?)

 

ソウルへお越しの際はコンビ二等で

ユナー大好き デジバー

このセンソルをお試しいただくことを

強くお勧めしながら

今回のブログの結びとさせていただきます。

ではいつものように

次回へ

つづく

日もクリックお願いしま~す
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

最終回 弘大マッコリバーに出没

2012.02.13(14:28) 788

不味い松の実ジュースを飲み干したあと

われわれユナー一行は

また高速バスに乗り

ソウルへ戻るのですが

今度は高速バスターミナルではなく

南部バスターミナルへ行くバスで帰りました。

 

さて南部バスターミナルについた一行

時間は夕方6時少し前

まだまだ終わらないこの日

このまま地下鉄を乗り継ぎ 弘大入口駅へ

 

ここでちょっと行ってみたいところがあったので

この弘大に寄ったのです。

さすがに弘大 学生の町ですね

CIMG3020_R

まだまだ早い時間ということで

どこもかしこも人がいっぱいです。

そんな中向かった先は フリーマーケットでも有名な

公園の隣にあるお店に

 

このお店は今流行りのマッコリバーでありまして

いろんな地方のマッコリが飲めるところなんです。

CIMG3021_R

                       CIMG3022_R

a2_20111202

その名はマッコリサロン

ちょっと前に ここに移転したようでこの場所を探すのに

時間がかかりました(笑)

CIMG3023_R

結構流行っていましたよ

でもほとんどは学生みたいですけどね

なかなかマッコリもいろんな地方のマッコリ

なんていうのはソウルにいるとお目にかかれないですので

楽しみにしていました。

CIMG3024_R

まずは 前回江原道のカンヌンで飲めなかった

江原道名物オクスス(とうもろこし)マッコリ(写真左)と

あの元大統領 パク・チョンヒ大統領が

好んで青瓦台で飲んでいたとされる

京畿道のぺダリマッコリ(写真右)を注文

 

オクススマッコリはやはりとうもろこしから作っている

ということで色も黄色くちょっと とろみがあって

今まで飲んだことのないのど越しのマッコリでした。

かすかにとうもろこしの香りがします。

 

一方ペダリマッコリはといいますと

さっぱりとした飲み口心地よい炭酸ののど越し

これはユナー一押しのマッコリでありました

 

飲んでばかりではいけませんので食べ物もちょっとご紹介

CIMG3028_R

やはりマッコリといえばはずせないのが

ジョン これは海鮮チヂミですね

そしてちょっと変わったところでは

チーズたっぷりトッポッキ

CIMG3033_R

そしてスンデの炒め物

CIMG3026_R

どれもマッコリにはぴったりの食べものでしたね

いや~マッコリが進みますよ~

この後珍しい栗マッコリというのがあったので注文

CIMG3038_R

香ばしい栗の香りがたまりませんでした

 

こうしてわいわい飲んでいたら

店の方がソ~ビス(サービス)って1本

山葡萄のマッコリをサービスしてくれました

写真の奥に移っているピンクのボトルです

CIMG3036_R CIMG3035_R

これもおいしかったですよ~

しかし何本飲んだでしょうね??

みんなそんなに酔ってないのが怖い~(笑)

ここは

あとで調べたらコネストにも載っているようでしたので

もし行かれる方はこれを参考に

してくださいね

ここから

こうして夜も更けて行き

次の日の朝9時の飛行機で帰路に着いた

ユナーでありました。

これで 2011/9 安東出没編は

終わりとさせていただきます。

最後までお付き合い

ありがとうございました。

今日もクリックお願いいたします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

恒例!!今回の全食事掲載 前編

2012.02.14(08:03) 789

今回も恒例になりました

旅行中の食べ物を

おさらいということで紹介していきます。

 

さて最初はイルサン(一山)で

青春倶楽部というホルモンを食べました

CIMG2809_R

CIMG2800_R CIMG2802_R

そして二日目の朝は

ロッテホテルの近くにある

有名プゴクのお店

CIMG2816_R CIMG2819_R

 次に行く途中 銅雀駅構内で

たい焼き風トースト

CIMG2833_R

CIMG2835_R CIMG2834_R

 

次は新堂洞にあるチキンのお店

王天パダック

CIMG2839_R

CIMG2843_R CIMG2842_R

たまらなくさくさくでジューシービールも

昼っからジョッキ3杯!!

 

そして2日目最後の食事は

いつもの定番 ノリャンジンのポルチプサムギョプサルで

サムギョプサルを思いっきり!!食しました

CIMG2883

CIMG2888 CIMG2889

以上1日目2日目の全食事でした

続きはまた後編にて

後編に つづく~

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

後編 恒例!!今回旅行全食事

2012.02.15(07:52) 790

さて今日は後編ということで

3日目からの掲載となります

最初は安東へ向かう前

高速バスターミナルで買ったこれからです

CIMG2901_R

CIMG2905_R CIMG2910_R

しっかり朝ごはん(笑)

次は安東へ行っての食事

CIMG2927_R

キム・テガンというお店の

安東チムタク

CIMG2931_R

やはり本場はうまかった~

次は河回村で

CIMG2950_RCIMG2949_R

健康飲料 ミスカル

ちょっと粉っぽかったかな?

そしてこの旅 一番強烈だったもの

CIMG3018_R

セン ソル 松の芽入り清涼飲料水

く~もう飲みません(笑)

そしてソウルに戻っての

弘大マッコリサロンでマッコリ三昧

CIMG3024_R

CIMG3036_R

そして食事

CIMG3033_R CIMG3028_R CIMG3026_R

どれもマッコリに合いました~

これが今回の旅の

全食事でございました

皆さんも旅に出たらおいしいものたくさん食べましょうね

(お腹こわさぬ程度にね)(^_^)

今日もご協力お願いいたします

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

2011/10韓国旅行世界マッコリ祭り編スタート!!

2012.02.16(07:58) 791

間髪入れず 今度は去年10月に行った

韓国旅行のお話に突入!!

 

今回は実は久しぶりのユナー一人旅ということで

ソウル入り 実は最近ソウルでは

ホテルではなく トンセンの家に宿泊してるんですよ

トンセン夫婦がソウルに行くと

家に泊まってくださいと言ってくれますので

お言葉に甘えて泊まらせていただいています。

 

さてこの日も金浦空港で待ち合わせて

久しぶり

一ヶ月ぶりの再会

笑い話で実の兄弟より会う回数多いよな!

って大笑いしています。

 

ところで今回はどこに食べに行こうかというと

トンセンの奥さんが食べに行くのではなくて

家で何か作るから 家で食べましょう!

と言ってくれまして 真っ直ぐ彼の家へ

彼の自宅ば京畿道 高陽市という

ソウルの北隣にある町にあるのです

 

金浦空港からバスに乗って約40分くらいでしょうか

いつもは彼の家の近くで止まるはずのバスでしたが

途中運転手さんがなにやらトンセンと話しています

何と何日も前にこのバスはルートが変わって

行こうとしてるバス停には行きませんよとのこと(笑)

あわてて降りたのが 地下鉄3号線チョンバルサン駅の裏のほう

しょうがないのでここでタクシーを拾っての

彼の家に行きました。

さすがはユナーの初日 ハプニングは慣れっこっす!

 

さて食事を作ってくれているということなので途中で

ビールを調達

CIMG3049_R

とりあえず全種類買ってみました

これだけそろうと爽快ですな~

 

家に帰るとトンセン嫁との久しぶりの再会

食事を作って待っていてくれました

CIMG3044_R

コヤンイ(猫)もオレンマニエヨ!!

ということで早速食事

CIMG3043_R

おいしい家庭料理をふるまってくれました

CIMG3047_R

これはトッカルビといって簡単に言うと韓国風ハンバーグかな?

とっても おいしゅうございました~

ユナーもホント満足のご飯でありました

 

飲みながらの食事でしたが

さっき買った中にちょっと見慣れないパッケージのビールが

ありました

CIMG3048_R

缶にはスタイリッシュビールとかかれていますね

そしてファイバー(食物繊維入り)とも

ちょっと珍しいので買いましたが

これがめっちゃ

まず~い

健康のため あまり飲ませないようと

しているのかこんな まずいビールははじめてでした(笑)

でも皆様にはおいしいと感じられる方も中にはいらっしゃると

思いますので まずは飲んでみていただきたい!!

お口直しにアイスをいただきます

CIMG3051_R CIMG3050_R

今回定番のデジバーを捨てて

こんなアイスに浮気をしてしまいました(笑)

ごめんね デジバーちゃん

こうして一日目の夜は更けて行きました

2日目へ

つづく

今日もクリックお願いいたします

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

イルサン湖公園で産業フェスティバルを体験

2012.02.17(07:54) 792

二日目は今回の一つの目的である

あるイベントに行くことに



場所はといいますと ソウルのお隣

京畿道 イルサン市 の湖公園でおこなわれる

3つのお祭り

湖公園芸術フェスティバル

高陽市特産フェスティバル

世界マッコリ祭り

の3つなんです。


早速地下鉄3号線に乗って

チョンバルサン駅へ


駅を降りると午前ですが結構な人手です

僕らは一路 湖公園を目指します。

CIMG3065_R

ここイルサンは きれいな街で僕の好きな所でもあります。

この日はいい天気だったのでまた気持ちがいいですね


ココが湖公園ですが遠くにはアドバルーンが

上がって何かこういうのを見るとテンション

CIMG3066_R


近づいてみると

CIMG3067_R

いろんな 催し物が行われて います

ココは特産物フェスティバル会場で

いろんな特産物の展示がお行われていました


そこの中でちょっと変わったもの発見!

朝鮮人参のてんぷらを売ってたんです

早速試食

1329041090[1] CIMG3076_R


もの珍しさで買ってしまいましたが あまりの苦さに写真もブレテて 

ピンボケになってしまってます(笑)


他にもいろん特産物や食べもののブースがあり

見るだけでも本当に面白かったです
CIMG3068_R

食べもののブースもいっぱいありましたが

僕はこっちのブースが特に良かったですね

CIMG3073_R

コレはチョンニョンチョという実で

日本名は千年蕉というらしいです

この実を使って 今日本でも話題の 紅酢(ホンチョ)

も作られてるとか

そんな実で作ったマッコリを試飲させてもらいました


CIMG3074_R

独特の酸味があっておいしかったです~

地方特産ということで結構

地方のマッコリもブースを開いていましたよ


CIMG3077_R

しかし強烈だったはこれ

CIMG3070_R

ウコンのマッコリ

入れ物からしてすごい色です

これも早速試飲

CIMG3071_R

味はなんといいましょうか??

マッコリとターメリックの混ざった味

ちょっと受けつけにくい味でしたね


ここのアジョッショがどうも日本で売りたいらしく

写真の右隅にちょこっと写っていますが このマッコリが入った

ダンボールの箱 日本語で うこん ともう印刷されていました

どうかと聞かれましたが これは日本では売れないよ~

なんて面と向かって言える訳もなく

愛想笑いでごまかした ユナーでありました。

こうやって一通りブースを回ったユナーでありましたが

なんか酒ばかり試飲してるみたいで

ちょっと気分よくなってきたところで

今回はこのあたりで

次回へ

つづく

今日もクリックのご協力お願いいたします。
↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

イルサンで特産物フェス探訪

2012.02.18(08:22) 793

マッコリを試飲して気分よくなった僕らは

会場の外側にある展示物を見物に


CIMG3078_R

ここ高陽市は花の市場がたくさんあったりして

特産物一つに花がなっています。

いろんなデザインで花が飾りつけられています。

ここでもやはり恒例のショットをやる私 ククク
    CIMG3079_R CIMG3080_R

右はここで撮影されたドラマ ドリームハイ のところでハイチーズ!


さてこんなことしててもしょうがないので

屋内の展示館に入ることに

CIMG3082_R

入口には花で作ったハートが

CIMG3083_R

中は全国の特産品名産品が展示してあり

興味深いものもたくさんありましたが


ここで凄い タンスを発見!!

CIMG3086_R

見事な装飾で 見た感じ高そうでしょう~

さ~いくらだと思います?

オルマエヨ?

答えは・・・・

CIMG3087_R



イーチョンマンウォンと書いてあります

イーチョンとは1000ですね

マンはマン

ということは・・・

なんと1千万ウォンということですね~

いや~家にも 一本欲しいですな どなたか買ってください!


さてなんと驚くことに 日本からも出店されている会社がありました

CIMG3084_R

北海道からの出店です

見慣れた海産物が並んでいます。ココでも試食

食べてるとお店の方に韓国語で話しかけられたので しっかり日本語で

答えたものですから ビックリされてましたね こんなところで日本人に合うとは

思いませんでしたとのこと 同じ日本人ということでがんばって欲しいものです。


こういうイベントも結構面白かったです。


又機会があれば是非見てみたいなと思いながら

次なる場所へ

ということで今回はこの辺で


次回へ つづく

今日もクリックのご協力お願いいたします。
↓↓↓
                             にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
                               にほんブログ村

吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

イルサンMBCへチョイと見学

2012.02.19(08:06) 794

いろんな展示を見ながら公園内を次の場所に行く為移動

ココは2つ目のフェス 芸術ファスティバルの会場でもあります

こんなパフォーマンスもやっていました

CIMG3091_R

公演のあちらこちらで パフォーマンスが繰り広げられています。

新聞紙で作ったこんなのもいましたよ

CIMG3089_R

CIMG3090_R

紙で作ってあるようですが いたずらで 火でもつけられたら

ヤバイね~なんて 笑いながらトンセンと話していました。


そうこうしてる間に見えてきましたね~
CIMG3092_R

イルサンMBC

次はちょっとココを見に行こうということだったんです。


しかしココに近づくと歩いてる人は ほとんど若い女の子で


入口にはなにやら人だかり 誰かの出待ちをしてるのでしょうか?


CIMG3093_R

そんな人だかりを横目にロビーへ

CIMG3093_R CIMG3094_R

玄関には MBCドラマセンターとかいてあります


ココは湖公園が目の前にあって結構ここでもドラマが撮られているみたいですが

こんないい風景の公園が目の前なら ロケを遠くに行かなくてもいいので楽ですよね


ロビーの中はこうなっています

CIMG3095_R

2階の壁には有名なMBCの製作したドラマの写真が並んでいます。

実はこの奥にスタジオ見学できるところがあったようなんです
CIMG3096_R

しかしこのときはお休みということで見れませんでした
CIMG3100_R

さて先ほど入口にいっぱい並んでいたのは どうもアイドルの公開歌番組があるようで

それの行列だったようです


CIMG3102_R

よく見てみると うちわなどに アイドルの名前を書いてあるのを持ってたり

アイドルの名前を書いたボードを持ってる子などもいて 日本と変わらない

風景に ちょっと微笑ましい感じがしました。

CIMG3105_R


いまいち見学するところがお休みで残念でしたが

テレビ局はテンションあがりますね~

皆様も一度行ってみはいかがでしょうか

さて次は僕が楽しみにしてるところへ移動

ということで 話は次回へ


つづく

今日もクリックのご協力お願いします。
↓↓↓
                               にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へにほんブログ村

吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

世界マッコリ祭りで嫌というほどマッコリを飲む

2012.02.20(07:16) 795

MBCを見学の後 ふと時間を見ると
もう12時を過ぎているではありませんか
お腹も丁度減ってきたということもあって次の会場へ

この日は本当に天気がよくて
雲一つ無い天気の韓国なのに日本晴れ!という感じで
本当に気持ちが良い日になりました。

CIMG3106_R

アドバルーンがあるところが次に僕らの行く会場
その名も
世界マッコリ祭り
世界がつきますかね~まさにインターナショナルですよ(笑)

さてココへ行きすがら公園の木立の下やベンチには
出来上がったアジョッシやアジュンマが横たわってる光景をそこらかしこで
見かけました。昼間っからいいな~

さてコレが会場の入口です。


CIMG3107_R

延々
マッコリのブースが続きます。
しかし何社くらいあるのでしょう??こんなにマッコリを作る会社があったとは・・・
さてこうなったら端から端まで飲んでやるぞと意気込むユナーでありました。

ココは受付で おちょこを買ってその おちょこを持ってブースで
試飲するシステムとのこと 早速僕らも買いました

CIMG3110_R

さすがにいろんなマッコリがありました~
そして地方地方によって本当に特徴があるマッコリばかりです。

CIMG3108_R CIMG3109_R

何社か飲んだ後ふと中央を見ると
何か机の上にいっぱいのマッコリが置いてあるではありませんか


CIMG3111_R

コレは何だろうとちょっと見ていると このイベントの係員のお姉ちゃんが寄ってきて
ココは外国人専用のマッコリ試飲所で 一番おいしかったものに後で投票してくださいと
言うことでした。
しかし僕は日本人なので外国人なんですがトンセンはもちろん韓国人なので
本当は参加できませんが この時間~日本人ということで
日本語でおねーちゃんに話しかけて すっかりおねーちゃん
トンセンも日本人だと思い込んだようで まんまと ただ酒をせしめた二人でありました。

オネーちゃんも日本語があまりわからないようでしたがIPHONEの
翻訳機能を使って一生懸命僕たちに説明をしてくれました。
コマォー~アガシ~ 
CIMG3112_R

マッコリってこんなに種類があったのですね スタンダードな米マッコリや
麦などで作ったマッコリ そして蓮で作ったマッコリ レンコンで作ったマッコリ
ウコンのマッコリ 黒豆のマッコリ 栗のマッコリに木苺のマッコリ
きりがないくらいです。

さてこの中で一番お気に入りのマッコリはといいますと
僕はこれ
CIMG3085_R

地元 高陽市のぺダリマッコリが一番のお気に入り
さっぱりした飲み口で適度にある炭酸がいい味を出しています。
コレは皆様にもおススメなので もし見かけましたら是非飲んで見てください!

しかしどのくらい飲んだでしょう~20杯くらいは飲んだでしょうか?
ソレも全種類違うマッコリ さすがのユナーも結構いい気持ちで
もうマッコリは当分飲まなくていいわ~というほど飲みました。

最後にお世話になったオネーちゃんと記念撮影
ここだけの話 あなたの左隣にいるメガネの人は 日本人ではなく韓国人ですから~
ナップン サラミエヨ(笑)


1329447888[1]

さて千鳥足気味になった僕らですが まだまだ夜のイベント(まだ内緒)
には時間ガあるため こんまま湖公園で芸術フェスを見に行くことに
酔っ払いのユナー組 ふらふらしながら会場へ向います。


ということで今回はこの辺で
つづく

今日もクリックのご協力宜しくお願い致します。
↓↓↓

                              <にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
                                 にほんブログ村

吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

なぜウルトラマンが韓国に!?

2012.02.21(07:29) 796

毎回韓国に行くと面白いものを一つは見つけて
ひそかに喜んでいるユナーですが
実は今回もちょっと気になるものを発見!

いつもは物なんですが今回はお店なんですヨ
さてその気になる物とは












CIMG3137_R

このお店 店の名前は 

九州 ウルトラーメン
読み方は
キュウシュウ ウルトラミョン 

ククク

凄いネーミングですね!!

又その上の文言が特に凄い!!!

コレぞ 正真正銘の日本ラーメンだ

文句がにくいっすね~

しかし日本人が見たらビックリデスネ


そんなことより 円谷プロもビックリの堂々とした店構え!
さすがに今回は入れませんでしたが
いつか正真正銘のラーメンとやらを食べたいものです。

場所はイルサン ウエスタンドームの裏のほうです(笑)
わかりませんよね!


これとまたその隣には以前発見した これも発見
CIMG3138_R

金の自動販売機~

いろんなものがあって面白いです韓国!!

今日もクリックのご協力お願いいたします
↓↓↓


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

自転車で湖公園散策

2012.02.22(07:09) 797

マッコリをしこたま飲んだあと
夜の予定まではまだ時間があったため
ちょいとこのイルサン湖公園を散策

ここイルサンではソウルとは違い結構自転車が普及してるようで
公園には市がやってるレンタル自転車乗り場が
たくさんありました。


CIMG3116_R

しかしこの自転車を借りるには住民登録書が必要のようで
僕ら外国人には借りられないようです。

しかしこういった無人のレンタサイクル以外にもレンタサイクルの
お店もあるのでそういったところで僕らみたいな外国人は借りたほうがいいようです。

さてこの自転車で散策です
CIMG3118_R

この日は日曜の休日ということのあって たくさんのカップルや親子連れが
この公園にきていました。

CIMG3126_R CIMG3129_R

この湖公園を少し紹介しますと 以下wikiから抜粋

一山湖水公園

一山湖水(イルサンホス)公園は、東洋一大きい人造湖を持ち、一山新都市から見て南の端に存在し、広大な敷地を持つ公園として、高陽市民のみならずソウルからも多くの人が憩いに訪れる。 韓国では自転車が一般的な乗り物として認知されていないが、湖水公園では貸自転車屋が多くあり、自転車の練習や、広大な湖を周回するレクリエーション感覚で楽しまれている。 3年に1度、国際花博覧会(World Flower Exhibition Koyang Korea)が行われる。会場の規模は屋内3700坪、屋外1万5000坪である[4]。 但し人造湖の面積は湖水面積0.3km²[5]であり、日本最大の人造湖「朱鞠内湖」23.73 km²、2009年完成の「中国三峡ダム湖」10,840km²に対してかなり小さく、現在は東洋最大の面積ではなくなっている

地図で言いますとソウルの北 地下鉄3号線 鼎鉢山駅(チョンバルサンえき)
を降りるとすぐです。

WS000000.jpg 

結構大きな公園でよくドラマの撮影などに使われているところで
韓ドラ好きの方にとってはよく見かけるところだとは思います。

さてこの日は芸術フェスティバルも行われているということで
夜にイベントがあるようです。
CIMG3122_R

湖にの対岸にはステージがあり夜に何か催しものが行われるみたいでした。

CIMG3124_R


しばらく秋の気持ちよい風に吹かれながら 自転車を走らせていると
あちらこちらからいろんなパフォーマンスが行われていましたよ

CIMG3130_R

奥のほうの木の上で何かやってるのわかりますでしょうか?

ちょっと動画で見てみてください




こんなのもありましたよ
衣装を借りての写真撮影 いろんなカツラがありますよね

CIMG3134_R


結構お値打ちな値段だったので人気だったようです。

 CIMG3135_R


いろんなものを見ながらのサイクリング 楽しかったです。
前はソウルのヨイドの漢江公園でサイクリングしたことがありましたが
やっぱりこうやって体を動かしてみるのもいいですね

最後に記念撮影 ハイ!キムチ
CIMG3132_R

というところで今回は終わりますが
この後 私たちは地下鉄に乗ってソウルに戻り
またあるイベントを見に行くことに
それは次回へ
つづく

今日もクリックのご協力お願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

レッカー前提!?

2012.02.23(07:59) 798

ちょっとここで小ネタですが

このイルサン湖公園の回りも結構 ウエスタンドームというところや

ラフェスタという商業施設があるので車でここへ来られる人も

多いと聞きます。



これはその近くの公園の横に止まっていた車のドアのガラス

張ってあったステッカーです。

CIMG3117_R

注意と書いてあり

見てのとおり レッカーされるときは 絵のように

レッカーしてってくださいというようなことです。



これは警察に駐車違反でレッカーするときは

こうやって持っていけよ!

これ以外で持っていって壊れたら
お前らのせいだからな!

って言ってるようにも見えます。


なんか勝手な想像ですが 韓国のアジョッシが文句を言ってる
 そんな場面が容易に浮かんで ふきだしそうでした。



今日は ちょっとイルサンで見かけた車のステッカーのお話でした。

今日もクリックのご協力お願いします

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

ソウル世界花火大会へ行く

2012.02.24(07:00) 799

イルサン湖公園でいろんなフェスティバルを堪能した僕たちは
また地下鉄に乗ってあるところに移動することに
これも又今回楽しみにしていた催しものなんです。


さてバスと地下鉄を乗り継い着いたのは
堂山という駅
漢江沿いに駅があり駅を漢江側に歩くと自動的に
橋の上にいけるという面白い駅です。
このときは橋のほうには行かず直接川のほとりにいける歩道へ行きました

CIMG3140_R

わかりづらいと思いますがよく見ると凄い人なのがわかります。
みんな川のほうへ向って歩いていきます。

CIMG3139_R

なぜこんな夕方にみんなが漢江に向っているかといいますと
この日は年に一回恒例の
ソウル世界花火大会がここ漢江沿いで行われるのです。

本当はもっと近くの駅で降りていけばいいのですが
何せあまりの人の多さになかなか近づけないらしと聞いたので
川沿いを歩いて近くまで行こうという作戦に出たのです。

CIMG3142_R

多くの人も川沿いを歩いて向います。

何せ後で聞いたのですがこの日の観覧人

軽く10万人越え!

ビックリのビックリデス

そうこうしてるうちに遠くからドーンと言う音
始まっちゃたみたいです
でも会場はまだまだ先
とりあえず一枚 パチリ

1329739527[1]

花火会場は まだまだ先

ひたすら会場目指して歩くユナーでありました。

次回へ

つづく

今日もランキングのご協力お願い致します。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

花火を見ながら

2012.02.25(07:40) 800

堂山から漢江沿いを歩きながら会場へ向ったユナーですが
途中で花火大会が始まってしまい大急ぎで早歩き(笑)
といっても会場が近くなればなるほど観客の数も多くなり
このまま行ったら花火見るより 人の頭ばかり見ることに
なりかねないと思い
ちょっとした河原のベンチでしばらく見ようということになりました。

そこからの写真です

CIMG3152_R CIMG3149_R CIMG3148_R

こんな感じで見ていました
画像が小さいのは ブレブレだからで~す(笑)
なかなか夜の撮影は三脚がないとダメですね

この花火 いろんなところからの花火の競演でした
日本やカナダ ヨーロッパから もちろん韓国もあります
やはり見ているとそれぞれ花火って国によって
違うんだな~って感じました。

もう少し近くに行ってのスナップです。

CIMG3153_R

結局この位置が一番近い位置でした
なにせ観客 何十万人の世界なのでこれ以上は無理!
でも初めて見たソウル花火大会 満喫できました。

CIMG3156_R

花火大会が終わった後はこうしてライトアップ?が綺麗でした

CIMG3155_R CIMG3154_R

しか~し 問題はこの後!!

一斉にみんな帰ります 凄い人の波でした
このときは地下鉄のヨイナル駅 等は閉鎖 電車も通過ということで
皆さん開いてる地下鉄の駅へ殺到
アレでは電車もバスも処理しきれないだろうと 見ていました。


CIMG3157_R

道路大渋滞!!


僕らはそのまま漢江沿いを歩き 63ビルのほうから歩いて ノリャンジン駅を目指すことに
地図的にはすぐのようでしたが 実は63ビルのところからノリャンジンへ行く道は
自動車道で人は通れないとのこと・・・・
仕方ないのでぐるっと遠回りしてノリャンジンの次の駅
ノドゥルという駅を歩いて経由してノリャンジンへ

途中こういう屋台が大流行 ソウルで最近よく見ますね
CIMG3158_R


そんなおいしそうな屋台を横目に なんと1時間歩きずめ

そんな思いをしてなぜノリャンジンなのか?といいますと

そうこのブログよく読まれている方は知ってると思いますが
ノリャンジンといえば・・・・

そう!ボルチプサムギョプサル
コレを食べにきたのです。


CIMG3160_R

CIMG3163_R

く~疲れた後のサムはたまりませんね! そういえば一年前にもこの花火の
音を聞きながら このお店でサムを食べてました(笑)

〆はこれ

CIMG3166_R.jpg

今回念願の花火を見ることが出来て本当に楽しかったです
皆様も一度見に行かれてもいいとは思いますが
帰りの交通には 本当に気をつけてくださいね
下手するとホテルまでたどり着くのに夜中12時越えちゃったってことの
無いように(笑)
では次回へ
つづく

今日もランキングにご協力ください

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

お~コレがあの成均館か~!!

2012.02.26(07:00) 801

この旅行3日目に入ります

この日はまったく予定を決めていなくて
どこへ行こうかネットでトンセンと検索
いろいろ探しましたが結局僕が前から一度行きたかった場所へ

地下鉄に乗り 安国駅へ
そして駅前のバス停から 鐘路02というバスに乗って
あるところへ向います。

CIMG3170_R

ココのあたりは学生が多いんですよ 近くには中央高校はじめ
いっぱい学校があるようです。

しばらくするとバスが来ましたが このバスはマウルバスといって
バスはバスでも小さいバスなんです
地域内を廻ってるバスなんですね

CIMG3171_R

しかしこのバス 途中から険しい山道に入っていくんですよ
結構このバス込んでいて僕たちも立ってたのですが
さすがソウルのバス!乗客のことなんか関係なく
山道だろうが何だろうがお構いなしに
ビュンビュン飛ばしていきます。

バスに乗りながら動画撮ったのでその様子がうかがわれます



そしてそんなバスに ゆられること約10分
バスは僕らの降りる終点の一つ前のバス停へ
といってもココにはバス停という看板もありません

もう慣れっこになってるのでいいのですが
初めての人はビックリでしょうね~日本ではありえませんものね

さて着いた先はといいますと
ここ
CIMG3175_R

読めますでしょうか?そうココは 成均館大学の入口なんですよ
と・・いっても正面ではなく 裏口といいましょうか 山側
表側は大学路なのです。
少し前に放送されましたあの成均館スキャンダルの
舞台でもあったところですね。
なんとなくココが昔はドラマのような学生がいっぱいいたのだな
と思いを馳せる ユナーでありました。

しかしこのバス僕らを降ろして大学の中に入っちゃいました
CIMG3179_R

聞くところによると中に入ってUターンして又戻るんだそうです

周りを見るとなぜかこんな石がおいてあります

CIMG3174_R

ククク

周りを見渡すと

CIMG3178_R


CIMG3182_R

結構山の上なのです


さてユナーなぜこんなところに来たのでしょう?

その謎は次回をご覧になると
その謎が解明されることでしょう!!

つづく

今日もランキングのご協力お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

ついに北岳山制覇 ??

2012.02.27(07:00) 802

鐘路02バスを成均館大学で降りたユナー一行
しばらく山のほうへ歩いていくと
臥龍公園というところへつきました

CIMG3184_R

ココは 北岳山に登る入口になっているんです

CIMG3187_R

城壁が見えますね こう見えて城壁マニアのユナーですので

テンション上がりますね!!

途中やはり覗いてま~す(笑)
CIMG3199_R

こんな景色が見えました

CIMG3196_R

わかりますでしょうか? 遠くに三清閣が見えています。
その当たりからも北岳山に登れるとのこと

しばらく歩いていると階段が見えてきました

CIMG3191_R

この階段は北岳山へ入るとき 申請書を書く場所

マルバウィ案内所へ続く階段なんです。

結構段数ありますよ

CIMG3195_R

ここ北岳山は丁度大統領がいる青瓦台の真後ろにそびえる山でありまして
昔ココから北の用兵が青瓦台を襲おうとした事件があり
しばらくはココは軍事的に立ち入り禁止区域だったのですが
何年か前やっと民間人でも入れるようになったのですが

やはりソレはソレ ここで書類に記入しないと中には入れてもらえません


CIMG3206_R CIMG3207_R

日本語版もありましたよ

CIMG3208_R

CIMG3203_R

このような書類を書いて韓国人は住民登録書 外人はパスポートを
提示して入らなければいけないのです。

そして申請が終わればココからいよいよ北岳山へいけるのです


CIMG3210_R

が・・・

今回は時間も無かったこともあり 僕らはココで引き返しましたが
いつかはココから中に入って北岳山の山頂に行こうと胸に決めて
戻ることとしました。

つづく
今日もランキングのご協力お願いします
ポチッとクリックしてください

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村






















吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

ソウル城郭沿いに大学路へ

2012.02.28(07:00) 803

北岳山の入口 マルバゥイ案内所で引き返したユナーでしたが
ここ景色はこの場所でもいいのですよ

すぐ近くにマルバゥイ展望台というところもあるのです。
そこにはマルバゥイという大きな岩があるのです

CIMG3213_R

このマルバゥイとは(以下他サイトから抜粋)

展望台の隣には「マルバウィ」と呼ばれる大きな岩があります。
「マルバウィ」という名前については、
「バウィ」は韓国語で「岩」の意味ですが、
朝鮮時代の文武官がここで馬(韓国語で「マル」)を止めて
休んだためという説や、この岩が風水地理で
東側の支脈の末(韓国語で「マル」)だからという説など、
いくつかの由来が存在します。

そこから見える景色は 天気のいい日なら 遠く南山まで見える景色
なんだそうですが あいにくこの日はちょっと かすんで見えませんでした

CIMG3221


CIMG3226

景色はいいのですが やはり警戒区域ということもあり
こんな風景も見ることができました

CIMG3215_R

望遠では

CIMG3216_R

このあと 来た道とは反対側 ソウル城郭沿いを通って下ることに
途中城郭から見える風景は 昔のタルトンネの面影を残した
町並みが見えました。


CIMG3231

このあたりも もうすぐ再開発されてこういった昔からの
町並みはなくなっていくのでしょうね

CIMG3237

CIMG3243

ココを下っていくと又学校がたくさんある地区にたどり着きます。
ココの高校はソウル科学高校といって結構入るの難しいと
言われている高校なんだとか

CIMG3250 CIMG3249


この日は休日だった為 誰もいませんが
ココの向かいにも学校があったりして 平日はさぞかし
にぎやかなんだろうなと想像しながら歩いていきました。
 
CIMG3248

こうやって歩いていくうちに 大学路に近づいてきました
今度は学校のエリアというより エンターテーメントの街
小さな劇場やシアターがあちらこちらに見えてきました。

丁度日本のこの方方もコンサートをやるのでしょうね
ポスターがあちらこちらに貼ってありました。

CIMG3255

この後 大学路に出たユナーはあるカフェに入るのでした。

そのもようは次回へ


つづく

今日もランキングのクリックお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村





吹きすぎる風ばかり2


タイトル画像

大学路で有名タバン(茶房)に入る

2012.02.29(07:07) 804

ソウル城郭沿いを下り 大学路に出たユナー一行
ここ大学路は芝居や演劇が盛んであちこちにシアターなどが
大小いくつもあるのです。

さて城郭を下ってきて結構お疲れ気味の僕たちだったので
ちょっと休憩ということで カフェでも入ろうかということに

そこで次に入ったのが今日のお話の中心のところです。


そのカフェの名前は
学林 (ハクリム)
面白い名前ですね ちょっと由来があるのかと調べましたら
やはり由来があったようです

以下他サイトより抜粋

ここは1956年オープンの「タバン(茶房)※昔のカフェのこと」
といわれる時代からあったカフェ。今は移転してしまいましたが、
大学路にソウル大学があったころ、ちょうどソウル大学文理学科の向かいに位置し、
学生が多く集まっていたことから
「ソウル大学文理大・第25講義室」といわれていたとか。

またこのロケーションが屋号の由来にもなり、
文理学科の昔の祝祭名「学林祭」にちなんでつけた名前だそう。
60年、70年といえば、学生運動の盛んだったころ。
お店がソウル大学のすぐ横にあったため、
学生達の討論場として、
また音楽・美術・演劇、文学など
芸術家たちがつどうタバンとしても有名だったとか。

そんないわれをもつここ学林ですが入口は結構狭く
わかりづらくなっています

CIMG3259

中に入ると上に行く階段が

CIMG3260

この階段を上がると60年70年代風の 少しノスタルジックな
店が現れます。

CIMG3262 CIMG3261

CIMG3263 CIMG3265

ここは映画 バンジージャンプする でも映画のワンシーンとして
撮影されていたとのこと 店内はクラッシックが流れ
ちょっと大人のムードが漂います。

さてココで僕たちが頼んだものはといいますと
コーヒーとチーズケーキ
CIMG3272

このチーズケーキは何かプリンのようでおいしかったです。


CIMG3271

ちょっとノスタルジックな雰囲気のここ学林
皆様も一度いかれてはいかがでしょうか?

場所は こちら
学林

ユナー一行はこの後 夜のあるイベントの為
ここから地下鉄に乗り明洞へ移動
つづく
今日もクリックのご協力宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


吹きすぎる風ばかり2


2012年02月
  1. 韓流スターに会いに☆彡(02/01)
  2. 〆はサム!(02/02)
  3. 朝早くから高速バスターミナルへ(02/03)
  4. 安東に上陸~!!(02/04)
  5. 立春に韓国で見かけたこれ(02/05)
  6. く~安東の名物料理は最高(02/06)
  7. 安東 河回村へ(02/07)
  8. 河回村で見つけた不思議な飲み物(02/08)
  9. (動画あり)安東河回村で仮面踊りを見る(02/09)
  10. (動画あり)安東 河回村 渡し舟に乗る(02/10)
  11. 地獄の登頂(動画あり)安東河回村芙蓉台!!(02/11)
  12. 松の芽を飲む?(02/12)
  13. 最終回 弘大マッコリバーに出没(02/13)
  14. 恒例!!今回の全食事掲載 前編(02/14)
  15. 後編 恒例!!今回旅行全食事(02/15)
  16. 2011/10韓国旅行世界マッコリ祭り編スタート!!(02/16)
  17. イルサン湖公園で産業フェスティバルを体験(02/17)
  18. イルサンで特産物フェス探訪(02/18)
  19. イルサンMBCへチョイと見学(02/19)
  20. 世界マッコリ祭りで嫌というほどマッコリを飲む(02/20)
  21. なぜウルトラマンが韓国に!?(02/21)
  22. 自転車で湖公園散策(02/22)
  23. レッカー前提!?(02/23)
  24. ソウル世界花火大会へ行く(02/24)
  25. 花火を見ながら(02/25)
  26. お~コレがあの成均館か~!!(02/26)
  27. ついに北岳山制覇 ??(02/27)
  28. ソウル城郭沿いに大学路へ(02/28)
  29. 大学路で有名タバン(茶房)に入る(02/29)