皆様ご無沙汰しております。

明けましておめでとうございます。

CIMG3522

半年?充電中でありましたユナーでございます。

しっかり充電させていただきましたので

こっそりブログを再開しようと思います(笑)

 

しかし久しぶりにこのブログ開いてみますと

コメント機能や足跡機能までなくなってしまうそうですね

それも1/12をもって・・・

なんか寂しい感じもします。

これからはコメントなどはどうされるのでしょうね?

最近まったくブログを触っていなかったせいか

陸の孤島状態(笑)になっておりますので

どなたか楽天ブログの機能等など教えていただきたいです~

 

さて実はお休みをいただいていた間でも

韓国に行ってました(笑)

ネタは十分にたまりにたまっていますので

これからおいおい書いていきたいと思います。

また皆様 よろしくお願いいたします。

 

 

このたび楽天ブログより引っ越してきました。
まだまだ使い方がわからなくて戸惑っていますが
がんばってみようと思います。

主に韓国旅行記が中心の記事になると思います。
皆様よろしくお願いいたします。

いや~久しぶりのアップなので なかなか感じがつかめずにいる

今日この頃です

さてまた韓国旅行記を書こうと思いますが

前回は・・・相当前のアップなのでどこまで書いたか

忘れましたね~

 確か前回は3月にに行った・・・そうそう

ソウルトンセンの友達の結婚式に行ったという旅行記だった

ような気がします。

 

それから4ヶ月後の訪韓 季節は春3月から夏真っ盛りの7月へ

 夏ってことで今回はちょっと遠出をして

夏を楽しみたいという計画を立ててみました。

 

さて今回も着いて最初の食事といえば

これ

CIMG2404_R

 

そう去年夏名古屋にも進出して大繁盛の

ボルチプサムギョプサルでまずは一杯

 

CIMG2403_R

 最近の韓国ビールも結構おいしくなりましたよ

しかしここは値段が安いわりにお肉が柔らかくて

毎回来てしまうんです。ソウル市内結構チェーン店なので

いっぱいお店あるんだそうです

僕らがよく行くノリャンジン店をはじめ

大学路や江南にもあるんだそうです。

このときは僕らはイルサン(一山)というソウルのちょっと北にある

街のボルチプサムギョプサルで食べました

 

さて次の日僕たちは どこへ行ったかといいますと

なんと韓国の東海岸へ向かって出発です。

(行き先はまだ内緒

 

途中サービスエリアでトイレ休憩の途中面白いもの発見

CIMG2433_R

栄養ドリンクなんでしょうがラベルに少女時代の写真が・・・

これは売れますよね~マニアにはたまらないと思いますよ(笑)

そういえば日本の高速のサービスエリアも大好きで

よく寄るのですが韓国はどんな風なんだろう?

ってめっちゃ興味あったのでちょっと散策

CIMG2427_R

いろんなお菓子やお土産を売ってるのは日本とは同じですが

ちょっと面白いものに目がいきました

CIMG2434_R

どこかのアジョッシがこれを かじりながらビールを飲んでたのですが

それがあまりにもおいしそうで(笑)

つい一枚買ってしまいました

CIMG2435_R

何でしょうねこれ?カワハギの皮を甘いたれをつけて焼いたもの

といいましょうかこれが結構おいしくて結構熱かったのですが

熱っ熱っといいながらペロッと平らげました

もし韓国で高速のサービスエリアに立ち寄られることがありましたら

一度ご賞味くださいまし(笑)

 

さてどんどん車は進んでいきます

CIMG2439_R

時間も結構夕方近くになってきましたね

そして・・・

景色が変わりました そう海が見えてきたんです

CIMG2440_R

遠くになにやら面白い建物が建ってるのがぼんやり見えています

わかりますでしょうか?

ここは韓国の東海岸  江陵というところなんです

ついに私ユナーは東海岸まで足を伸ばすようになったかと

万感胸に迫る思いで(笑)

景色をボーっと眺めていました。

ということで

今回は このあたりにしようと思います。

次回はおいしいものを面白いレストランで食べました

そんなところからの始まりです

では次回へ

つづく

 

さて ついに海が見えてきました

ココは韓国の東 カンヌンというところ

そして宿があるのは 朝日が綺麗な海岸と

ドラマ 砂時計で有名な 正東津(チョンドジン)

遠くに妙な景色が広がります

CIMG2445_R 

山の上に船が・・・・

近づいてみてみましょう

CIMG2447_R

お~やっぱり船がある

コレは探検しなければ ・・・しかしもう時間は夜の7時半を過ぎ

一旦ココは引き下がって明日探検することに

そして今日はこんなところで夕食をとります

入口にHがこんな看板が

CIMG2451_R

入口はこんな感じ

CIMG2453_R

なんと海に中に突き出したような船をイメージした

レストランなんです

入口も凝ってますね~まるでアトラクションの入口

CIMG2455_R

ココをくぐると食堂があります

CIMG2458_R

このときはもう夜だったので 外の景色は見えませんでしたが

昼間だったら綺麗な海を見ながら食事が出来るのでしょうね

店の名前は 魚国 いいロケーションの

刺身専門レストランです

 

さてここで頼んだのは刺身盛り合わせ

CIMG2460_R

しかしココは韓国 刺身の盛り合わせといっても

ほかにいっぱい おかずが出てきますね~

CIMG2464_R CIMG2469_R

CIMG2470_R CIMG2471_R

CIMG2467_R

いろんなパンジャンが出てきますね~

ちょっとワサビの色が気になる所ですが(笑)

そしてメインの刺身の盛り合わせ

CIMG2472_R

ど~んと出てきましたね ここでは白身の刺身が主なんですね

いや~お腹いっぱいになりました

でもココで終わりじゃないんです~

この魚たちのあらで作ったメウンタンが出てきたのです

CIMG2473_R

いい出汁が聞いていておいしいのですが

何せ~辛い辛い

さすがの僕も少しでやめておきました(笑)

この店 値段的には結構お高い感じデスが

景色と料理と両方と思うと妥当な感じだと思いました

 

もし皆様も正東津へ行かれた際は

ここに寄られてもいいかもしれませんね

刺身専門店 魚国 は

ココから

さてこの後はココからすぐ近くの

ある有名な公園へ食後の散歩です。

 

ではその模様は次回に

つづく~

お刺身でお腹いっぱいになり

お酒も程よくまわって気分の良いまま

ちょっと散歩へ

このお店からふと外を見るとこんな景色が

CIMG2474_R

会計も終わり外に出てみると

なんとも幻想的な霧が立ち込めているではありませんか

CIMG2476_R

そして向った先は

昔ソウルではこのドラマが始まると

銭湯には誰もいなくなったというほどの人気をほこった

砂時計 というドラマの舞台となった公園

砂時計公園です

CIMG2477_R

遠くに見える大きな丸いものは 砂時計なんだそうです。

この巨大な砂時計は1年計らしく

毎年1月1日にはこの砂時計を回転させるイベントが

毎年開かれているとういことです。

CIMG2482_R

しかし残念なことに僕はこのドラマを見たことがなく

どんなストーリーなのかもしりませんでしたので

本当はドラマを見てココにくればもっと感動したんでしょうね~

 

しばしその公園を散策 夜の公園は雰囲気がありますね

ちょっと海岸まで行ってみることに

CIMG2483_R

この写真で見る限り静かな海に見えますが

実際はドーンと凄い音で波が海岸に打ち寄せています

こんなところで海水浴大丈夫かい?って思いたくなるほどの

波でした。

そんな海岸からふと先ほどのレストランのほうをむいてみると

CIMG2484_R

霧に包まれた景色がまたいい感じです

こうして正東津の1日目が終わっていきました

次回へ つづく

正東津2日目が始まりました

この日はここ正東津は朝日が有名だということで

ちょっと早起きをして朝日を見ることに

窓からちょっと見てみると微妙な天気

 CIMG2490_R

せっかくココまで来たのだからいうことで海岸まで出ることにしました

しか~し

天気予報では曇りとなっていましたが

何せ当てにならない韓国の天気予報ですから

何とかなるだろうと思っていましたが こんなときに

予報が当たるとは(笑)

CIMG2497_R

やはり他の皆さんも何人か日の出を見ようと訪れていましたが

皆さん落胆の様子で帰っていかれました

CIMG2500_R

浜辺は見事に誰もいなくなりました(笑)

こんな歌が頭をよぎります

今は~もう秋 誰もいない海~

まだ夏だって!

 

というところで僕たちも帰ることに

そういえばこの頃になるとお腹の虫がグーグー

言ってます。

朝食はこのカンヌンでは有名な

お豆腐の店 何でも海水を使って作っているとのこと

早速行って見ることにしました。

CIMG2526_R

ココがお店の名前 カンヌン草堂豆腐というお店です

このあたりは結構こういった純豆腐のお店がいっぱいあるのです

近くには草堂スンドゥブ村というのもあるらしく

ここらあたりの豆腐は有名らしいです。

 

席に着いたや否や メニューはコレがメインなので

有無も言わさずアジュンマがセッティング!

あっという間に運ばれてきました

CIMG2518_R

おぼろ豆腐と木綿豆腐

日本では普通豆腐には醤油ですが

こちらではピリッと辛いタレをつけて食べるみたいです

CIMG2519_R

このおぼろ豆腐も素朴な味でおいしかったですよ

そしてこちらの豆腐も

CIMG2520_R

よく思うことなんですが 豆腐はなんとなく韓国の

豆腐のほうがおいしく感じます

日本でスーパーなどで売ってる豆腐より

なんとなく豆の味がするような・・・

そんな気がしませんか?

 

でも久しぶりに韓国へ来てのスローフード

これも又これで体によさそうだしいいものをたべることが出来ました

 

唯一残念だったのはお店の壁に貼ってあった

このマッコリがおいしそうだったのですが

まだ朝ということであきらめざるをえませんでした

CIMG2522_R

 マッコリは地方地方によっていろんなマッコリが

あると聞いていたので楽しみだったんです

オクススマッコリと書いてあります

江原道特産のとうもろこしが原料のマッコリなんですね

く~ホント残念でした

でも実は10月に行った旅行でなんと飲めることが出来たのですよ

その模様は又後ほど書くとして

今回はココで〆たいと思います。

この後は又この海を北上しながらの観光です。

まだまだ中身の濃い江原道の旅

次回へ つづく~

 

今日もクリックしていただけると めちゃうれしいです~

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

純豆腐で朝ごはんを済ませた後

昨日から気になるあれ

CIMG2447_R

を探検すべく出発

小高い丘を登っていくと ありました~

霧に霞む船

CIMG2528_R

確かに船ですね~

そしてドンドン歩いていくと

CIMG2529_R

ついに入口発見!!

 

実はココ サンクルーズホテルという一大リゾートなんです

宿泊者は当然無料ですがそれ以外の観光者は

有料です(^^)

 

入口すぐ入ると

ココで行われたドラマのシーンが入った看板があります

CIMG2530_R

え?冬ソナ??

こんなところで撮ったシーンあったかな?と思いきや

よく見てみると アニメ冬のソナタと書いてあるではありませんか(^^)

そういえばこのアニメ版は実写のところがあったんですね

結婚式のシーンとか本編には無かったですものね

さて

ココはリゾートということもあって敷地内には

いろんなオブジェも点在しているんです

CIMG2534_R

このオブジェの向こう側は海です 

海に向って手を広げていますね 沖から船でココを見たら

どんな景色なんでしょうね(^^)一度見たいものです

後 面白いオブジェもありましたよ

コレは何でしょうね?わかりますか?

CIMG2545_R

縦になってるのでちょっとわかりづらいですがちょっと

これ横から見てみますと

わかりますね~約束の指切りのオブジェなんですよ

チャンと韓国式に親指で印鑑も押してますね~

こうやって船の周りの散策をしてると

CIMG2543_R

いろんな施設がいっぱいあるのに気づきました

そしていよいよ船に潜入です

CIMG2541_R

っと行っても一応ホテルなので部外者は一番上のテラスまで

エレベータで直行ということになります。

 

ここでプチ情報ですが

このホテル 実は建築法に違反していて

毎年政府に相当の罰金を払っているんですって(>_<)

山の上に これですからね~(笑)

でも罰金払っても経営できているってことは

相当儲かっているのでしょうね~

 

屋上はまるで本当の船のマストにいるような感じで

空を富んでるような気持ちになりそうです。

CIMG2550_R

そこから見える景色はこんなふうです

CIMG2538_R

最初霧がかかっていたのですがだんだん晴れていき

こんな風景も

CIMG2553_R

CIMG2554_R

正面に見える船見たいな建物は

僕らが昨日食べたお刺身の店なんです

この店も船の形してるんですね

 

ということでこの丘の上にある船の調査は終わりました

詳しくは サンクルーズホテルのホームページ

ココから

右上のところからに日本語表記に切り替えられます。

しかし いつかこんなところに泊まってみたいな~って

思いませんね(笑)

貧乏性なんでしょうね ククク

 

さてこの後はやっと北上

といいながらあっちこっち寄っての旅行が続きます。

では

次回へつづく

 

すいませ~ん クリックご協力お願いしたします~

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

丘の上のホテル サンクルーズホテルを後に

次はギネスにも認定された

世界で一番海岸に近い駅で有名な

正東津駅へ向いました。

駅への途中こんな面白い売店がありましたよ

CIMG2556_R

いい感じでしょう~夜だったら一杯いきたい感じデスが

グットこらえて・・・でもちょっとよく見ると

ヤカンの後ろ凄いラーメンの袋が並んでいるのが

わかりますでしょうか?

アレを全部消費するのにどれだけの日にちがかかるのでしょうね(^_^)

さて着きましたる正東津駅

CIMG2557_R

中に入ってみると(笑)

CIMG2564_R

こんなの掛けてあるではあ~りませんか

皆さんやっぱりやってしまいました~

1326426285[1]

あいかわらずでしょう~

この駅をくぐりますとこんな景色が

CIMG2565_R

 

CIMG2567_R

ココは朝日が本当に綺麗に見える場所でも有名なんですよ

駅の構内にこんな看板もあるくらいです

CIMG2566_R

ココには海列車という列車も通っているらしく

カンヌンからサムチョクまでの58kmを走るこの列車

なんと全シートが海に向って配置されているんですって

 

中でも聞くところによるとプロポーズ室という個室があるのだそうです

ココで本当にプロポーズされたカップルもいるとのこと

一度乗ってみたいな~って気がする列車です。

 

話ちょっと脱線しましたが

何せこの時は7月の中旬

海岸線ということもあって容赦ない太陽の熱で

メチャメチャ暑い!!

もっとゆっくり見たかったのですが

さすがにココに20分いただけで

日焼け 日焼け 日焼け~

お肌がシミになっちゃいますわ~

ということで早々退散

でも本当に今度は列車でココを訪れたいと思った

正東津駅でありました。

 

というところで今日はココまで

次回はのキーワードは 戦艦・潜水艦

いったいなんでしょうね~

さて次回へつづく

 

すみません~クリックのご協力お願い致します。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

続いて向ったのは

ここ

CIMG2571_R

ここカンヌンの海岸線にある

江陵統一公園というところ

ココには1996年に漁のアミにひっかかって

走行不能となった北朝鮮の潜水艦が展示してあるんです。

 

他には韓国軍の駆逐艦や脱北するときに使った

船などもあり結構リアルな展示物がある公園です

 

駆逐艦の中を見学しデッキに出てみると

やはり迫力ありますね 大砲がある船なんかのったことありませんからね

CIMG2577_R

ココでまたちょっと記念で撮ってしまいました

1326424224[1]

何でもやりたがる男でございます(笑)

 

ちなみにこんな注意書きを発見しましたが

未だに意味がわからないユナーでした

CIMG2580_R

????

 

この船の向かい側に

先ほど言いました北の潜水艦が展示されています

CIMG2591_R

この潜水艦見学できるのですが

ちょっとある装備をして入らなければならないのです

ソレは・・・

CIMG2588_R

向って左側にあるもの・・

そうヘルメットなんです しかし季節は夏

何人もの人がこの炎天下かぶって見学しているのですから

このヘルメットが臭~い

く~思わず 「ファブリーズ プリーズ」って言いたくなりましたが

そこは我慢の子であった状態で

仕方なくヘルメットかぶって潜入

CIMG2590_R

中は写真では広そうに見えますが

結構かがんで歩かなきゃいけないくらい位の

狭さなんですよ~

CIMG2589_R

ホント狭所恐怖症の人だったら我慢できませんよね

こんな中に何日も缶詰になってるなんて~

早々にココから 脱出!!

 

隣には脱北船が展示されていました

CIMG2597_R

ここ江陵統一公園

まだまだ他の敷地にもいろいろ展示物があったようですが

僕たちはココだけで次も目的地へ

 

さてふと見ると駐車場にこんな車が止まっていました

CIMG2598_R

荷台には悲しそうな顔をしたワンちゃん

(悲しそうだかどうだかはわかりませんが・・・)

もしかしてこれは・・・

これ以上いいません皆さんで想像してくださいませ~

ということでカンヌン統一公園を後にすることに

次回はもっと北へ北へどんどん進みます。

さて次はどこなんでしょう?

ということで今回はコレでおしまいです(笑)

次回へ つづく~

 

今日もクリックのご協力いただきますとありがたいです

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

さて統一公園をあとにした僕らは

次の目的地へ向って北上

実はコレからがこの旅の

メーンイベントのところなんです。

 

さてそこはどこかといいますと

皆様もご存知の方もいらっしゃると思いますが

少し前の有名なドラマでありました

秋の童話の舞台になったところでもあります

束草(ソクチョ)というところです。

 

実はもうこの公園を後にしたときから

頭の中は 秋の童話の主題歌が

頭の中をぐるぐる回っていました(笑)

 

ソクチョに入ってから一番最初に寄ったところは

ソクチョの港町 大浦港というところです。

ココは海岸沿いにずら~と

海の幸を食べさせてくれる店が並んでいるんです。

CIMG2604_R

お昼時ともあって いっぱいの人が訪れていますね

ココはこれから再開発されてこんな感じになるんだそうです

CIMG2603_R

とりあえずどんな感じなのか一回り見学

見かけない魚もいっぱいいましたよ

CIMG2607_R

さてここ大浦港は魚料理もおいしいのですが

もう一つ有名なものがあるんです

ソレはこんな店で売られています。

CIMG2605_R

何の店だかわかりますでしょうか?

黄色い看板の下のほうに 絵が何か書かれていますね

 

そうこれはエビの天ぷらのお店なんです。

CIMG2606_R

エビのティギム(天ぷら)ですね

やはり有名らしくお店の周りは行列

何件もこういう天ぷらのお店はあるのですが

行列のところとすぐ買えるところと

しっかり別れていたのが印象的でした。

 

さてこの天ぷら

2種類ありましてどちらか選べるのですが

この写真でわかるでしょうか?

CIMG2610_R

手前の天ぷらですが 大きさが2種類あるでしょう~

答えは一番手前がエビの皮をむいて揚げた天ぷら

向こう側はエビの皮付きまま揚げてある天ぷら

 

日本ではまず皮付きのまま揚げてある天ぷらなんて

見たことありませんね~

でも食べてみると香ばしくてパリパリした食感が

又結構おいしかったりするのですよ

皆さんもココへもし行かれたら

是非エビの天ぷら食べてみてくださいね

 

さてこうやってソクチョ上陸は始まりましたが

次回はこれもメーンイベントのところへ

ユナーのテンション

さてこの模様は次回へ

つづく

今日もクリックのご協力お願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

束草(ソクチョ)は大浦港(デポハン)でおいしいエビの天ぷらを

食したあと 僕らが向ったのは

ここ

CIMG2619_R

ソクチョはアバイ村というところ

このアバイ村のアバイとは 年老いた人という方言で

朝鮮戦争当時 北朝鮮から 避難してきた人が

お年寄りばかりだった事からこの名前が

つけられたとのこと

無論ドラマ秋の童話でも有名ですよね

 

さてアバイ村はこのようになっているんです

CIMG2620_R

ちょっとさびれた村の感じがします

少し歩いてみると 村のアジュンマやアジョッシが

何かやってるではありませんか

CIMG2623_R

昼間から花札ですね(笑)

さてこのアバイ村を訪れた訳の

一番の理由は ここに ケッペと呼ばれる

渡し舟があるのです。

秋の童話でもよく出てきた乗り物です。

 

しかしどこに あるのか わからなかったので

とりあえずそこら当たりのアジュンマに聞きながら歩いていると

CIMG2621_R

ありましたね看板が~ 

ウキウキしながらこんな景色を見ながらの散策です

CIMG2624_R

よくドラマなんかで見かける縁台ですね

と・・・

お~まず見えてきたのは

CIMG2625_R

お~ソン・へギョ演じる ウンソの家発見

少し前まではお土産屋さんだったはずなんですが

今は食堂になってるようです

もうこの頃になると歌ってますね 主題歌(笑)

写真バチバチ撮りながら歌ってます

 

しか~し

お目当てはコレではなく あくまでもケッペ

そのままココを通り過ぎると・・・

じゃじゃーん

CIMG2631_R

見えてきましたね~ 噂のケッペ

もうテンション

一目散に乗り場へ急行するユナーでありました。

 

という訳で今回はココまでにします。

次回へ

つづく

今日もお約束のクリックをお願いします~。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ついに束草に上陸

そしてずっと行きたかったアバイ村へ到着

そしてついに この旅の一番の目的

ケッペに乗る!! 

を達成すべく歩いていくと

あちラこちらにこんな看板が

CIMG2628_R

中国語 日本語 英語で書かれていますね

前はよく日本人も来ていたようですが

最近は中国の人も多いとか・・・

 

この看板の向こうにケッペ乗り場があります

CIMG2632_R

 ちょっと覗いてみると

結構人が乗ってました

CIMG2631_R

ケッペとは

ソクチョの青草湖と対岸のアバイ村を結ぶ

渡し舟のことで 両岸に引かれたワイヤーをひっぱって

この船を動かしています。

料金は200ウォン 2000ウォンではありませんよ~

安っ!!

でもほんの100mくらいのところですからね妥当なところでしょうか

 

さてこのケッペに乗船!!

 

CIMG2634_R

この青い服を着たアジョッシが船頭さん??で

笑えるのは 入口にココの従業員は愛想が悪くて口調もぶっきらぼうですが

ソレはこちらの人の特徴なので気を悪くしないでください

という張り紙がありました~

実際このアジョッシ怖~って感じが漂います

CIMG2635_R

そうこうしてるうちに出発です

この船頭さんと一緒に乗ってる人がワイヤーを引っ張って

前へ進むんです

CIMG2637_R

乗ってる皆さんもやりたくて仕方なさそう~

我さきにとワイヤーを引っ張ります

CIMG2638_R

もちろん僕もやってみました(このアジョッシは僕ではありません(^_^))

でも頭の中はあの秋の童話の1シーンがよぎってます。

しかし物の5分も立たないうちに対岸へ到着(笑)

CIMG2643_R

あっという間のケッペ体験でしたが

いや~ホントに面白かったです。

 

さてそうやって対岸に着いたのですが

対岸はソクチョの市街地

市場が有名ということでココを散策する為に

歩きだしたのですが

なぜか皆さん 同じ箱をもってかえってきてるんです。

コレは何の箱なんでしょう・・・・

その答えは次回ということで

つづく

今日もお帰りはポチッご協力願います

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

アバイ村からケッペに乗り込み

対岸に着いた僕たちは

町を歩いている人たちがみんな

同じ箱を持ってることに気がつきました

ソレはこんな箱でした

CIMG2663_R

タッカンジョン?なんだ~?

この箱気になりながらも この対岸にあるソクチョ水産市場を散策

ココに市場はアーケードになっており

結構大きい市場でした

売ってるものもまたソウルとはまったく違うもの

こんなのたべられるの?っていう名前も知らない

えたいの知らないものまであって面白いです

さてこの市場を歩いていくと

何か行列が出来てるところがありました

CIMG2651_R

コレは行ってみなきゃということで

駆け足で(笑)

CIMG2653_R

CIMG2654_R

お店の名前は マンソク タッカンジョン

実はココは有名店で

タッカンジョンとは唐揚げに甘辛いタレを絡めてある

独特のチキン料理だったのです。

 

聞くところによるとわざわざソウルからもコレを

買いに来る人もいるそうで

このタッカンジョン 熱々もおいしいのですが

冷めてもおいしいと評判チキンだったのです。

 

中では超忙しそうに皆さん鳥を揚げています

CIMG2655_R

実はお隣さんもタッカンジョンのお店なんですが

こちらはまったく人が並んでいないのですよ~

悲惨~~

CIMG2657_R

有名店の隣に店出してはダメでしょう~って感じです

さて今回は 見た目ちょっとタッカンジョンが辛そうな

色をしていたので

CIMG2656_R

ハーフ&ハーフ

辛いのとノーマルな唐揚げの半々で注文

ソレはコレです

CIMG2659_R

も~待てません ヨダレが・・・

ということでこの市場のベンチでパクつきました(^_^)

く~

コレはうまい!!!!!

最初見た目 辛そうだったタッカンジョン

食べてみると甘辛の絶妙の味が!

気がつけば無言で食べていましたね~

プレーンのほうもカリカリサクサクで

これまたうまい

最近韓国ではチキンばかり食べてる

チキンマニアのユナーですが

コレはもしかしたらNo.1かNo.2には入る

見事にノックアウトされたチキンでした

コレは是非食べてみる価値ありますよ~

ちと遠いけど・・・・

さてこの後もまだまだ食べますよ~

というところで今回はこの辺にしておくことにします。

では次回へ

つづく

今日も最後までお付き合いありがとうございます

お帰りはクリックのご協力をおねがいします~

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

束草水産市場で超いおいしいタッカンジョンを食べた後

また元来たアバイ村へケッペに乗って再上陸

CIMG2643_R

なぜまたアバイ村へ来たかといいますと

ここアバイ村には 名物があって

それも食せねば~ということで戻ってきたんです

 それは

アバイスンデなるものなのです。

アバイスンデ?

スンデは皆さんご存知ですよね

ちょっとグロテスクな感じの食べ物ですよね

皆さんはアバイスンデもそう思われていることでしょう~

しか~し

実際は違うのです!!

 

ここアバイ村のケッペ乗り場一体は

ほとんどそういうお店が連なっていて

アバイスンデ横丁といっても過言ではない雰囲気を

醸し出しています。

呼び込みも結構激しかったですけどね・・・

さてその中の一軒をチョイスして

アバイスンデを注文

さてどんなのかな?

じゃじゃ~ん

CIMG2678_R

見た目そんなにグロくないんですよ

普通スンデというと小腸の中に春雨や豚の血などが入って

いるものですが

このアバイスンデは

豚小腸の中にイカや魚のすり身などが入ってる

結構あっさり系の味なんです

写真の奥の食べ物です

 

で・・・写真の前の方にあるのは

オジンオスンデというもので

小腸の代わりにイカを丸ごと使った中に

またいろいろすり身やニラやイカのゲソなどが入ってる

そうですね

日本で言うところの 北海道に いかめしというのが

あるじゃないですか

そのイカ飯のご飯の部分が魚の練り物が

入ってると思っていただければわかりやすいかも

CIMG2677_R

どちらもいい味でしたよ~

でも僕らは先ほどタッカンジョンをしこたま食べてきたんで

実は おなかが いっぱい~だったのです。

ちゃんとお腹がすいてるときに今度はゆっくり食べたいな~と

思う味でありました。

ということで今回はこの辺にさせていただきます

また次回へつづく~

今日も最後までお付き合いありがとうございます

お帰りにはぜひクリックのご協力お願いいたします

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

さて束草でいろんなものを食べお腹パンパンの

ユナーたちは

そろそろ時間も遅くなってきたので

帰り支度

本当は雪岳山というところに行きたかったのですが

しっかり夕方近くになってきたのでソレは断念

名残惜しいソクチョですが

後少し時間が許す限り散策

すると偶然見つけてしまいました・・・

CIMG2689_R

これもドラマ秋の童話で出てきた 重要なシーンのロケ地

どんな場面なのかの看板が立っています

CIMG2686_R

そうそうこんなセリフも・・

思い出します~

CIMG2685_R

遠くに見える赤い橋がケッペのあるアバイ村のあたりです
CIMG2687_R

一人たそがれている方がいらっしゃいますね(笑)

 

さてコレで今回の江原道横断の旅はこれで終わります。

今まで行きたい行きたいと思っていた

江原道に今回いけたことは

本当に嬉しかったです

でもまだまだ行きそびれた所や

まだ行ってないところがたくさんあるので

またいつか機会があれば行ってみたいと思います。

 

とおこれで終わりではありませんよ~

この続きがあります(^^)

 

夕方 束草を経ったので

当然ソウルへ帰る時間は夜遅く

でも~

ユナーはまだまだパワフルですよ~

ソウルについたあと

次の日朝早く帰国というのに

ここへ今回最後の晩餐を(笑)

さてどこでしょう??

CIMG2690_R

わかる人はわかりますね~

そうユナー一押しの

カウボーイチキンなんですよ~

CIMG2694_R CIMG2695_R

CIMG2691_R

く~チョンマルマシッソヨ~

あいかわらず何度食べてもいいですね ココのチキン

 

さてこの旅の〆はビールでおわります。

長らくお付き合いいただきましてありがとうございました。

多分すぐに9月に行ったソウル旅行の

お話を始めようと思いますので(笑)

引き続き お楽しみにしていてくださいね

本日も皆さん元気にポチットご協力くださいね

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

7月にいった韓国旅行の話も終わリましたが

まだまだ溜まった話はつきませんよ(笑)

 

さて今回からは 2011年8月

ソウルトンセンが家へ遊びに来たときのお話をちょっとだけ

したいと思います。

 

丁度彼の休みと僕の休みが重なった

8月のお盆休み 彼がソウルから我が家へやってきました。

じつは2月にも家に来たのですが

そのとき奥さんと一緒

今回は奥さんが都合が悪いということで

トンセンだけの来日

っていっても彼は6月にも仕事で家に

来てる為 本当言うと3回目の我が家訪問

毎回名古屋のいろんなところに連れて行って遊ぶのですが

今回はちょっと 遠出をしてなかなか体験できないことを

しようというコンセプトの元

一路 東海北陸道を北へ北へ北上

着いた先は 

↓↓↓

CIMG2737_R

飛騨は白川郷という

世界遺産でもある有名な集落です

けらに日本の田舎の風景を見せたくてココへ連れてきました

 

僕もココへ来るのはもう7.8年ぶりになるでしょうか

前 来たときはまだココまで 高速道路が整備されていなくて

結構時間がかかりましたが

今は名古屋から2時間圏内でいける場所になりました。

P1040216_R

たまにこういう所に来ると穏やかでいいですね

ココでは蕎麦を食べ合掌作りの家の中を見学し

午前は終わりました

 

さてコレからが今回の旅のメーンイベントなんです

実は今回の目的は

岐阜に郡上八幡というところがあって

そこは郡上踊りという盆踊りがあって

7月中旬から9月初旬までの

33夜という超ロングランの盆踊りなんです

詳しくはココから

その郡上踊りのハイライトは

8/13から16まで行われる 徹夜踊りといわれているものなんです

その徹夜踊りに参加すべく ユナー一行は

白川郷から郡上八幡へ移動

この日のために男3人組(ユナー・トンセン・息子)

は浴衣を購入(笑)

っといってもディスカウントストアーでの購入デスから

帯もマジックテープ式(笑)格安で買ってきました

 

そして着替えは車の中((笑)

どうでしょう さまになってますか?

1326958066[1]

ちなみにこのおそろいの浴衣で歩いていたら

町の方々が今日の徹夜踊りのために来た

踊りのチームとよく間違えられましたね

実は今日初めて踊る 超初心者なんです~

とは言えなかったかったですね

 

この郡上八幡 本当に綺麗な水の町という感じの

いいところです。町の中心には吉田川という川が

流れていて ホント普段はのどかな町ですが

このときだけは ものすごい人が各地から踊りにきて

人口は普段の何倍もなるということです。

CIMG2760_R

こういう のどかな町が

夕暮れとともににぎやかになっていきます。

CIMG2761_R

街中は大混雑

CIMG2763_R

こういう路地で踊りが急に始まるんですよ

CIMG2766_R

コレはもうみんな踊ってるところです(笑)

しかし踊り見よう見まねで踊りましたが

ホント面白かったです ソウルトンセンも

夢中で踊っていました

 

踊りはトータル約3時間くらい僕らはぶっ通しで踊り

時間も時間なんで ソレと体力が限界寸前なので

帰路に着くことに

途中水分補給で飲んだ ノンアルコールビールの

うまいことうまいこと

1326955431[1]

しかし彼にとっても僕にとっても

いい体験が出来た盆休みでした

なかなか家族だけではこういうところはいけませんからね

 

2011年の夏の一コマでした

今日もクリックのご協力をお願いします

↓ ↓ ↓

 にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

さて今日からは 去年の9月に行った

韓国旅行のお話をしたいと思います。

 今回も盛りだくさんの工程です

お楽しみにしてください。

 

今回韓国に着いて最初の食事は

地下鉄3号線チョンバルサン駅

ということは いつものソウルではなく

ソウルからちょっと北の京畿道は高陽市

ココはイルサン(一山)といわれている

場所へ行くことに 

ここチョンバルサンはその中でも繁華街

ソウルとはまた違った新しい形のところです。

CIMG2793_R

少し歩いていると妙な自動販売機を発見

CIMG2794_R

ゴールド?

よくよく見てみます

CIMG2795_R

ますます怪しい~~

で・・その正体とは

なんと

CIMG2796_R

お~金の自動販売機か~

ビックリ仰天です

道端になんと金の自動販売機があるなんて!!

しかし買う人いるのでしょうかね???

もし買うとしても

こんな街中の自販では目立ってしょうがないでしょう~

あの人 金買ってるよ~なんていわれそうですし

ちょっと後ろから襲われそうですしね

さすが韓国!!

いいもの見せていただきました~(笑)

というところで

今回はこのへんで

次回はご飯屋さんへ行くところからですね

では次回へ

つづく

今日も元気にクリックお願いします

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ここイルサンには2つの大きな商業施設があり

一つは ラフェスタ →ココから

もう一つは ウエスタンドーム→ココから

いずれも隣接する商業施設ですが

今回はウエスタンドームの中にある

ちょっと お高い ホルモンの店に入店

CIMG2809_R

コプチャンのお店かとトンセンに聞いてみたのですが

またコプチャンとはちょっと違うとのころ

どこが違うのかな??

 

ココのお店 少し前にやってたドラマ

宝石ビビンバでも使われたお店とかで

そのポスターが貼ってありました

CIMG2805_R

そうこうしてる間に料理が運ばれてきましたね

CIMG2802_R

コレがホルモンです

CIMG2798_R

ここはさすがちょっとお高いだけあって

焼く炭も 韓国の焼肉屋でよく見る練炭状の炭ではなく

ちゃんと日本と同じような炭を使ってました

CIMG2799_R

しかし日本のホルモンとは違いますね

こちらのほうが断然おいしい(笑)

よくわかりませんが

牛の等級の証明書まで張り出されています

お店は店員さんも愛想がよく

いい感じでした

CIMG2808_R

初めてのホルモン 十分堪能しました~

この時点で夜中12時回っていたかな?

でもまだまだココのあたりは いっぱいの人手でしたよ

CIMG2810_R

こうやって一日目の夜は更けていきました~

つづく

今日も最後までありがとうございます お帰りの際

ポチッとクリックお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

2日目は高陽市から始まります

この日は比較的余裕がある日程で

午前中仕事のトンセンの仕事が終わるのをまって

今回は行動を起こす計画だったのです。

朝の地下鉄3号線のホーム

CIMG2814_R

地下鉄もソウルを抜けると地上を走るようです。

この高陽市は花の栽培でも有名らしく

駅周辺には花市場があるんですよ

CIMG2811_R

さ~まずはソウルへGO~

朝も早かったことでまずは腹ごしらえから

久しぶりに行ってきました プゴの店

CIMG2816_R

あいかわらず人気のようで行列を作ってましたね

CIMG2819_R

う~ん安心できる味ですな~ココの漬物もおいしいんですよ

有名な店なので紹介しなくていいですよね(笑)

ちなみにロッテホテルの北側のほうです~

 

お腹もいっぱいになったところで

いつものところへ パワーをもらいに歩きます

皆さんわかりますよね~

いつも行くところ・・・・・

CIMG2820_R

オレンマニダ~将軍!!

又この景色が見たくて来てしまいました~

もう何十回ココへ来てもいいんですね

CIMG2821_R

ココへくるとなんとなく元気がもらえるような気がするんです

深呼吸すると気持ちいいですよ~

でも昼間は車が多いので

空気が悪いのでお勧めできませんが(笑)

そういえば 光化門の額のヒビ治ってましたね~

CIMG2830_R

さてこの後 仁寺洞を歩いてみました

CIMG2832_R

仁寺洞は道路歩きやすくなりましたね

こうやってゆっくり午前が過ぎていきました

そしてトンセンとの待ち合わせ場所へ

では次回へつづく

今日もクリックのご協力お願い致します。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

午前中ソウルの中心街を散策してたら

もうお昼時 1時にトンセンと待ち合わせということで

早速地下鉄に乗り 銅雀へ

そしてトンセンとも駅で合流

まだお昼ご飯食べていないので

食べに行こうと地下鉄を乗り換え

そこでホームの入口においしそうなもの発見

CIMG2833_R

たい焼きか??と思いきや

実は違うんですね~

たい焼き風トーストともいいましょうか

パンをたい焼きの型に入れて焼いたもの・・・(^^)

お店の名前は ハッピー ソプンイ

最近ちょっと話題のお店だそうです

明洞にもあるとの情報も入手

いろいろ種類があるみたいです

その中でもコレはどんなのか??

CIMG2834_R

トッポッキ???

たい焼き風パンの中にトッポッキがはいってるの??

さすがのユナーもちょっと勇気がなく

コレは買わなかったですが

今思うと買っておけばよかったと思う一品でした。

 

さて僕らが買ったのは スタンダードのあんこ

CIMG2836_R

味は想像できたのでこんなもんかという感じです

 

こうやってブログ用に写真を撮っていたら

ココの従業員のお兄ちゃんが

俺も撮ってくれといって かぶりものを

してハイポーズ

CIMG2835_R

 

でもアイデア的にはいいですね~

駅の構内というのもいいかもしれません

皆さんも一度この店を見つけたら

一度食べてみてください

ソレもトッポッキ入りを(笑)

 

ということで 明日につづく

今日も元気にクリックお願いします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

トンセンと待ち合わせ場所でおちあい

たい焼き風トーストを食べたユナー一行でしたが

ふと時間を見ると午後1時半すぎ

さすがにお腹も減ってきました~

っと言うところで 昼食へ

向った先はなんと新堂洞

ココはトッポッキ横丁があるところで有名です

僕も一昨年行ってきましたが

今回はそこではなく

パダッというものを食べにココまできたのです。

 

パダッ??皆さんわかりますでしょうか??

この店は元々ドラマ 雪の女王で有名な

鳥致院というところの有名なお店が

ソウルに支店を出したところなんです。

CIMG2839_R

店の場所は新堂洞駅からすぐそば

中に入ると

さすがに午後2時を回って食べてる人はいなかったですね

CIMG2840_R

さてここで注文

アジュマー ハンマリチュセヨ~

クリゴー オベ(生ビール500ml)3ゲ!!

鋭い方はハンマリと聞いてピンと来た人も

いると思います。

そうパダックとは 鳥料理なのです~

注文して出てきたのはこれです

CIMG2842_R

手袋?なんに使うんでしょう??

さてビールを飲みながら待つこと約10分

結構待たされたのですが

出てきましたよ~これ

ジャジャーン

CIMG2843_R

そうパダックとは 独特のフライドチキンに

これでもか~というくらいのネギが乗った

チキン料理だったのです

手袋はチキンを持ってネギを巻きつけて

かぶりつくための手袋だったのです。

 

味はといいますと

最近韓国でチキンばかり食べているせいで

チキン料理にはうるさくなってるユナーですが

これは おいしかったですね

何せ揚げたてのサクサクの衣で

中からは肉がジュワ~

く~旨し~

その肉汁がネギと絡み合ってたまらなく

おいしかったですよ

 

ハンマリということでメニューには3.4人前と書いてありましたが

結構ボリュームがありましたよ

半分のパンマリというのもあって

コレは1.2人前用みたいです

CIMG2841_R

生ビールが2500Wとはホント安いですよね

日本円で約170円そこそこ

またこのパダックに合うのですよ~

 

是非ココは皆さん おさえておきましょう~

場所はココから

 

さてこの後ユナー一行は

はちきれそうなお腹をかかえ ビールでいい気分になりながら

ある展示館へ向うことになりました。

さて それは

次回へ

つづく

今日も応援お願い致します

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

今日はちょと旅行記をお休みして

去年の暮れに買ってきたものの

ご紹介

 

僕はiphoneを結構前から使っているのですが

iphone を買ったときについでに買った

白のシリコンケースをずっと使ってきたのですが

 いつも買い物に行ったとき

面白そうなケースが無いかと探していました

 

たまに いいな~って思うものもありましたが

値段が結構高くてわざわざこんな値段で

買うこともないかと思い

買わずに来たのでした。

 

しかしふと気づいたのです

そういえば

ソウルでもよく見かけたな~(笑)

今は超ウォン安 コレは買わなくちゃ~ということで

去年ソウルに行ったときに

ついに買ってしまいました

ソレはコレです

P1040606_R

側面はこんな形

P1040607_R

こんなの日本では見たこと無いでしょう~(笑)

カカオトークのロゴ入り

明洞の屋台で見つけました~

丁度残り一個だったのもラッキーです。

 値段は12000W 約780円

いい買い物でした~

皆さんも今度ソウルなどに行かれたら

ちょっと携帯ケース見てみると面白いですよ~

きっと日本には無い面白い

デザインのケースがいっぱいありますよ

チェックチェック~

 

今日も最後までありがとうございます

クリックのご協力お願い致します

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

新堂洞でパダッを食べたユナー一行

地下鉄を乗り継ぎ つぎなる所へ向いました

駅の名前は 龍頭駅

あまり行かないところですよね

場所的には

清渓川を東大門のほうから東へ少し下ったところ

ココに

清渓川文化会館という

無料で清渓川の歴史を紹介している施設なのです

CIMG2860_R

しかしココの道路を挟んだ向かい側に

むかし清渓川の近くに合った家が

復元されていました

CIMG2848_R

 

CIMG2849_R

まずはそこから見学することに

中は昔の学校を再現してあったり

CIMG2851_R

昔の家を再現してあったりで

結構面白かったです

ここでもユナー又やりましたよ~

コスプレ ククク!

1327394226[1]

どこでもやってます(^_^)

出口のところに

昔の映画のポスターが張ってました

1327395240[1]

二人が指差している映画

題名は パボ (笑)

バカって意味ですね~そういえばこういった名前の

ユニット日本でもいましたね~

さてコレからが本番

清渓川文化会館の中に入ります

その模様は次回へ

つづく  く~ひっぱるな~(笑)

今日もクリックお願いいたします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

さて昼ご飯を済ませ向かった先は

清渓川文化館

場所はといいますと 地下鉄2号線それも支線

龍頭駅

なかなかこんなとこ来ませんよね~

こんなときにしかこれないので楽しみにしていました

ソウルトンセンも初めて来た場所とのこと

WS000000

この龍頭駅にはホームプラスという

おおきなマートがあってここはなんと24時間営業とのこと

いつもはロッテマートやEマートで買い物をされている方も

ちょっとこういう目先が違ったところもいいので

行かれてはいかがと思われます

 

さてこの清渓川文化館 清渓川の歴史がよくわかるんですよ

CIMG2854_RCIMG2855_R

ナントここは無料で見られるとのこと

早速中に入ってみることにしました

最初はエスカレータに乗って4階へ

CIMG2856_R

清渓川を中心に模型でソウルの町を再現

していました こういう風なのかと改めてソウルの

街の位置関係がわかります

 

この写真は

 CIMG2857_R

昔の清渓川の様子が再現されています

このあたりは昔は川の両側に民家が立ち並び

戦後の様子がよくわかります。

 

 

そして少し前 清渓川が地下にあったころ

(少し前はこの清渓川が地下にあったって知ってましたでしょうか?)

そして上には高速道路が通っていたんです

そのころの川の様子です

CIMG2858_R

今の清渓川からはちょっと想像できないですよね

まるで下水道のようです

 

まだまだこの川がどうやって今の形に

復活したのかとか

工事の様子等まだまだ

面白い展示が満載でした

是非ちょっと足を伸ばしてここ

清渓川文化館

行かれてみるといいですよ

場所はここから

 

このあたりは清渓川でも下流に近い場所にあり

このまま南へ行くと漢江に最後は流れ込むのです

CIMG2861_R

さてユナー一行

まだまだこの後も精力的に動きます

今度は漢江を越えて江南地区へ進出

その模様は

次回へ

つづく

今日もランキングのクリックお願いいたします。

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

PAGETOP