新しいリリーズを始めたいと思います
この旅行記は7/13から一泊二日の予定で回った旅行記です。

しかし今まででも一泊二日という日程はしたことがなく
今回金曜日が休みが取れないということもあって
土曜~の旅行となりました

飛行機はというと 前回同様
エアアジアでのソウル入り
やっぱり安いですね~ でももう乗れませんが(笑)

今回は大きなテーマがひとつあって
それは
ソウルの移動は

バス オンリー

で移動する
というものであります

移動時間や便利さを考えると 地下鉄という乗り物は
とても便利なのですが
いかんせん階段が多すぎる!!
1.2回くらいならなんともないのですが
僕は結構地下鉄に乗る量が多くて
そのたびに階段を上り下りしてると
大変疲れてしまいます。

てなことで今回はバス!!
何が何でも バス!!
誰がなんと言おうとバス!!


ということで移動はバスを使うということに
やはりバスが地下鉄ちがって景色が見えますものね
そしてうまく乗りこなせれば地下鉄より早く着けることもできるんです。
ということで今回は

完全 バス移動!!

そしてそのバス移動に便利なのは
iPhoneアプリ

 
Seoul Bus

写真: 写真 1

このアプリがすごく役に立ちます。

最初は文字がハングルなので戸惑いますが
遊びで触ってるうちにわかるようになります(すごい説明(笑))

実は今回昔いったところを
7年ぶりぐらいに訪ねようと思っていて
そこの行くのにバスを使いました

バス路線といえばこんな感じ

写真: 写真 1


詳しいことは本編が始まりましたら
ゆっくりと説明しようかなと思っていますが
これを見てどこへ行ったのかわかる人は
すごい!!
もしわかったという人がいましたらご一報ください

褒めて差し上げます(๑≧౪≦)

さて今回も実質1日もない自由時間のなか
とてつもなく動いて来た記録を書いていこうと思います。

それではこの度の旅行記始またいと思います。


皆様のクリックが僕の励みです!!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


さ~残会のブログでももお話しましたが
この旅は 1泊2日の弾丸
そして移動手段は
バスのみ!!
そんな旅が始まります

とは言っても仁川空港からソウル市内までは
空港鉄道を使いました(笑)
そして出た先はここ

写真: CIMG2420

どこかわかりますでしょうか?

もう一枚

写真: CIMG2421

そうここはは弘大入口
でもあまり見かけない景色に思えませんか?
それもそのはず ここは空港鉄道の出入り口
もちろん地下鉄にも連絡していますが

場所的には弘大入口のメイン出入り口(KFCの前)
よりそうで方5~600mくらい北に位置したところにあります

ここは昔 京義線という列車が走っていたところでもあります
ここから少し西にいったところに
「線路沿い焼肉通り(キチャキル コギコルモッ)」
というところが有り
かつて鉄道が走り踏み切りのあった通りで、
踏み切りの音から「テンテンコリ」(カンカン通り)とも呼ばれているところがあります。
そこへ行くとかつての線路沿いの名残が垣間見えますよ

ここには美味しい焼肉屋さんが沢山有り
僕も大好きなところの一つなんですが・・・
今回はそんなお話ではなかったですね

さてそこからすぐ北へ行ったバス停から
今回のバス旅が始まります

写真: CIMG2426

僕たちの乗るバスはブルーの753番バス

写真: CIMG2428

これに乗ってそして漢江を超えてある場所へ進みます。

写真: CIMG2446

やはりバスは景色が見えていいですね
途中ヨイドや63ビルそしてヨイドのmbcなどが見えて
テンションもアップ!!

しかし相変わらず荒いバスの運転
結構もう慣れてきましたが一番最初はびっくりの連続でした

そんなこんなであるバス停に着きました

時間は午後2時半過ぎ

さ~今からお昼ご飯です

というところで続きは次回へ

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます
ランキングに参加しておりますので宜しければ
下のバーナーをクリックしていただくとありがたいです。
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


韓国旅行 ブログランキングへ

さ~バスに乗って着いた先は
こんなところ

写真: CIMG2447

上道初等学校入口

この場所多分旅行者はほとんど行かない場所だと思われます
地下鉄の駅で言いますと
地下鉄7号線 新大方サムゴリ駅という駅の近く
ソウル市銅雀区上道あたり

このあたりは 下町感いっぱいのところなんです

さ~着きました僕たちが目指したお店がこれ



写真: CIMG2449

お店の名前は 

フンブゴル炭火デジカルビ

このお店お肉はもちろんパンジャンも充実してると情報を聞き
ぜひ言って見たいと思い今回来たのです。

さ~お腹もペコペコ中に入ってみます

おっ!入る時に気がつきましたが


写真: CIMG2450

銅雀区から認定されている食堂のようです

これは期待大!

中に入ってみました時間は3時近くと言うことで
お客はあまりいませんでしたってか
奥でみなさん昼食中
でも嫌な顔一つしなくアジュンマが対応してくれました

写真: CIMG2451


写真: CIMG2453

結構広い感じです
さ~お待ちかね デジカルビを注文!!

写真: CIMG2455

パンジャンでは珍しくお豆腐までついています

数も7種類!!

そしてメインのデジカルビ登場!!

写真: CIMG2454

お~たまりませんね!!!
焼いてる間アジュンマが何度も何度も来て
肉の焼き具合をチェックしに来てくれます。

焼いているあいだにビールで乾杯

写真: CIMG2458

この日も暑い日でしたのでまたビールがたまりません!

聞くところによるとこのお肉
なんと部位はモクサル(首肉)を使い
1週間も熟成させているこだわりのお肉だそうです
そしてそれだけではなく
一枚一枚切れ目を入れて味がよくしみこむようにということと
焼いたとき肉がが柔らかくなるようにと
これもこの店のこだわり
美味しくないわけがありません!!

さ~そうこうしてるうちにお肉が焼けてきました

写真: CIMG2459

見た感じプリプリ感満載のお肉です!!

一口食べてびっくり!!
首肉っていうのはどちらかと言えば
硬い系統のお肉ですが
このデジカルビはふわっと柔らかく
タレも中まで染み込んでいる感じで
甘い感じが何とも美味しいかったです。


孔徳や麻浦の有名なデジカルビ屋さんにも
行ったことがありますが
多分僕の中でデジカルビ史上
No.1
の味でした。

そして驚くのはまだ早いのです

ご飯を頼むと
テンジャンチゲがサービス!!!

写真: CIMG2462


またこのテンジャンチゲ メチャうま!!
韓国人のトンセンに言わせると辛さが足りないとのことでしたが
僕たち日本人にはバッチリの味
なんだか出汁(かつおぶし?)の味もして
これは美味しかったですね

そしてこれだけだと思わないでください!!

なんと

なんと

なんと~!!


冷麺&ビビン麺(どちらか選べます)

無料で最後にでてくるのです!!

普通ありえませんよね

写真: CIMG2460

写真: CIMG2461

いや~わざわざ遠いところまで来た甲斐があったというものです

ぜひ少し遠いですがここ行って見てください!!


フンブゴル炭火テジカルビ

フンブゴル・スップル・テジカルビ


店名(韓国語)흥부골 숯불 돼지갈비

住所(日本語)ソウル市 銅雀区(トンジャック)上道洞(サンドドン)348-147

住所(韓国語)서울시 동작구 상도동 348-147

電話番号02-812-9298

営業時間 10:00~22:00

定休日旧正月・秋夕

デジカルビ

こちらのサイトでも紹介してます
こちらから

みなさん 頑張って行って見つけたお店は一段と美味しいですヨ!!

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます
ランキングに参加しておりますので宜しければ
下のバーナーをクリックしていただくとありがたいです。
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


韓国旅行 ブログランキングへ

昼食をガッツリ食べてビールもしこたま飲んで
観光へ出発です!!

実はこのあと無謀ですが
あるドラマのロケ地に行く計画なんです

なぜ無謀なのかと言いますと
それは7年前まだソウルのの字も知らない

ウブな

私が(笑)

現地ロケ地ツアーで来たところなんですよ

その頃なんて どこがどうなってるのか
どこに連れて行かれ そこはどこなのか?
バンに乗せられ行ったのですが
場所的に全くわからなかった記憶感満載で・・・

今回は実際自力で行ってみようと奮い立ち
もうdaumの地図からGoogleマップ及びストリートマップ
駆使して日本で予習!!
バス路線もバッチリ バス停バッチリと
完璧の状態でイザ出陣!!!

場所はお昼ご飯を食べたところから大通りを東へ7.8分歩き
地下鉄7号線 チャンスンベギ駅
こんな駅普通の観光客なら一生降りない駅ですね(笑)

写真: CIMG2467

この駅名が書いてあるとなりにバス停があります(手前の緑の看板)
ここのマウルバス 銅雀12番というバスにのり込み
ものの5分くらいのったところのバス停

 화성목욕탕 20-855

で降ります。

地図的には

まうるバス

赤がチャンスンバギ駅 青が到着したバス停

そしてすぐ進行方向前にある交差点を右折

写真: CIMG2469

そしてドンドン歩いて行きます

写真: CIMG2470

そうすると行くと小高い森みえてきます

写真: CIMG2471

さ~そしたらゴールです

写真: CIMG2472

この突き当りが今回の目的地
さ~みなさん
なんのドラマだったか わかりますでしょうか??
前に来たのは約7年前 

今はどんな感じになってるのかは
次回に続くとします。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます
ランキングに参加しておりますので宜しければ
下のバーナーをクリックしていただくとありがたいです。
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


韓国旅行 ブログランキングへ



地下鉄チャンスンベギ駅からマウルバスに乗って
いよいよその場所が近づいてきました

写真: CIMG2472

なにか壁に囲まれているようです

写真: CIMG2473

左に見える入口~入れるようですが。。。

なにか異様な雰囲気も漂いはじめています
しかし しっかり調べて来た場所は確かに ここ
入って見ることにしました

写真: CIMG2474

中は廃墟だらけ ゴーストタウンとかしています
大丈夫か?ここに入って?ト思いましたが
勇気を出して進みます。

中に入りましたが手がかりは自分記憶だけ
なんとなくこの道は記憶に残っていました

写真: CIMG2475_R

しかし随分変わっているものです
当時はこんな風景でした

写真: 02

ここは再開発のため取り壊されているようです

さ~一体何のドラマかと言いますと
ごめん愛してる 
というドラマ

知る人は知る ミサ廃人 なる言葉まで社会現象を起こした
超有名ドラマなんです。

そしてこ・こ・ここ~(興奮)

ついに見つけました

写真: CIMG2478_R


これこれ~ガルチの家(笑)
どんな場面だったかと言うと

写真: 03 写真: 04

この座ってる階段それがこの階段なんです!!

ウンチェや~(笑)って声が聞こえてきそうです

しかし周りはもう更地になっていたり
廃墟になっていたりでしたが
ここは奇跡的に残っていたようです
昔は となりにもうちがあったのですが
もうとなりは取り壊されて更地になっていました

ここソウルは知らない間にどんどん変わっていく街なんですが
こうやってその影でなくなっていく物もたくさんあるようです。

一本隣の道からはこの家の全景が見える場所があるんですが
今度はそこへ行ってみます

昔こんな道でした

写真: 01

そして今は


写真: CIMG2486_R

まるで人が住んでいる気配がありません

横を見ると先ほどの家の全景が見えます

写真: CIMG2488_R

写真: CIMG2490_R

朽ち果てた家々の中にぽつんとこの家だけが
時間が止まったように建っています
でも人の住んでいる感じではないので多分近いうちには
周りの家のように崩されてしまうかもしれません

7年ぶりに訪れた ごめん愛してるのロケ地
ここは月の街(タルトンネ)と言われた
昔ソウルにはいくつもあった貧民街の一つ

こうやってだんだん無くなっていくでしょうね

ちょっとこの場所に興味が出てきたので 
ここだけではなく ちょっと奥の方どうなってるのか
探検してみようと思い行ってみることに

そこにはソウルの光と影が垣間見えていました

その模様はまた次回ということにします。


本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます
ランキングに参加しておりますので宜しければ
下のバーナーをクリックしていただくとありがたいです。
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


韓国旅行 ブログランキングへ

PAGETOP